本日   昨日

CALENDER

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

今回の衆議院選挙

本日、衆議院選挙の投票日です。
恐らく、NHK辺りが夜8時か9時くらいに、出口調査を基にしたおおよその状況を発表するものと思います。

今回の選挙は、世論が民主党寄りであるために、与党にとって厳しい結果になると思います。


ですが、本当にそれでいいのでしょうか?

ここで、改めて民主党について、マニフェストの内容を含めてどういうことを行っているのか個人的な意見も踏まえて簡単に(?)評価してみましょう。


まず、民主党が政権をとると、政治の仕組みを大きく変えようとするような内容になっています。
脱官僚とか言ってますから、それは当然あるのでしょう。
その際、既に出されている概算要求を全て白紙にして自らが出したマニフェストにそったものに全て組み替えるという話のようです。

まず、この仕組みを変えるということは、相当の混乱をもたらすことが予想されます。
改革クラブの渡辺代表が「自公政権がやろうとしているのは改革、民主党がやろうとしていることは革命」と、上手いこと表現した発言をされました。
まさに革命といえる規模になるのではないでしょうか。
改革でさえ色々起こるものですが、革命となるととんでもないことになります。
この結果はどう転ぶか分かりませんが、現在の景気が極めて悪いが、ようやく上向きになりつつあるこの状況下で、国の仕組みを変えようものなら、政治が混乱し、上向きになりつつある景気を引き戻す可能性が高いのではないでしょうか。
それがいい方に働かないのは確実でしょう。

今、民主党を支持してる人は良くなると信じて疑わないでしょうけど、それはただの幻想です。


続いてマニフェストに上げられている政策についていくつか突っ込んでいきましょう。

まず、高速道路の無料化。
車を持ち、高速道路をよく利用している人たちにとってはウハウハでしょう。
ですが、高速道路を利用しないその他大勢の人から見れば、単なる大愚策になります。
と言いますのは、高速道路を無料化した場合、現在残っている借金と、高速道路を整備する整備費をどうするかという問題があります。
これは、誰が考えても分かりますね、国民全員が払う税金からまかなうことになります。
ガソリン税から…、と言いたいところではありますが、民主党は暫定税率の廃止もうたっていますので、ガソリン税からひっぱってくることも出来ず、自動車所有者から取り立てるということはできません。
結局は車に乗らない人からも高速道路の建設費と整備費を取り立てるという不公平極まりない状況にされるわけです。

ちなみに、民主党としての言い訳としては、これら無料化に伴う財源は、「道路予算の一部振り替えと渋滞・環境対策の観点から例外的に徴収する大都市部の通行料でまかなう」とされています。
道路予算の一部組み換えということは、具体的に、地方辺りの一般道路整備を凍結とか、そういうことを言っているのでしょう。
そして、大都市部の通行料というと、首都高とかその辺でしょうか。
こちらにしても、自分達が走らない道路の金を払わされるわけですから、迷惑極まりない話です。

また、無料化が行われると、現在行われているETC割引制度で既に出ている問題が、さらに顕在化することになります。
まず、遠距離移動の選択肢が、高速道路を使っての自動車利用に集中する為に、それ以外の鉄道、フェリーの利用が減り、それらの業界に打撃を与えます。
フェリー会社辺りは、かなり厳しいみたいですね。
次に、高速道路利用が増える為に、渋滞のリスクが増えるということ。
そして、渋滞にも繋がりますが、環境によっては非常によろしくないですね。
温室効果ガスの排出量が増えるわけですから。

また、日本全体でモータリゼーションが進む可能性も指摘されています。

将来的に高速道路は無料化されることになってはいますが、それは本来であれば今ではありません。
民主党は、人気取りの為だけにこのようなことを言っているにすぎません。


続いて、民主党含める野党のマニフェストにあることですが、最低賃金を1000円にするというもの。
正確には努力する、ですが、こういったものをマニフェストに盛り込むのも、人気取りの一環でしょう。

さて、仮に最低賃金を1000円にしてみましょう。
中小企業がどれだけ潰れるんでしょうか?
最低賃金は、労働基準法で決められているものですから、企業としては従わざるを得ません。
大した支援も無く、景気が悪くて仕事もない中、最低賃金を上げられた場合、従業員をそのまま雇い続けた場合、人件費が会社経営の負担となります。
その場合は、リストラがまた進むことになり、会社によっては経営が成り立たなくなり倒産の憂き目にあいます。

中小企業を支援する場合はこれまた税金から支払われることになりますが、景気の悪い状況でそれを行うには無理がありすぎます。
民主党はそれを「革命」によって財源を捻出するような話をしていますが、はっきりいって不可能です。

最低賃金を上げるには、経済成長が必要不可欠になりますが、それらの施策について、民主党のマニフェストには書いてありません。
こういった点でも、民主党のマニフェストは非現実的であることが分かります。


それ以外にもこども手当てなどの施策がありますが、それの元になる財源について、確たるものが何もありません。

民主党主体の政権が明日生まれたとして、その新生日本の出発は泥舟に乗っての出航であることは間違いありません。



ここまで、民主党について書いてきましたが、それ以外の政党についても一応書いてみましょうか。


自民党

政権与党を担っていますが、色々問題を抱えてはいます。
そのために国民の不信感を買っているのが現状です。
現実問題としては、政権担当能力はそれなりに優秀で、色々言われながらも政策を提案して、参議院では野党が過半数を取っている厳しい中、野党の政局のためだけの妨害にあいながらも法案を通しています。
基本的には「保守」ですので、大きく国が変わることはありません。
小泉さんはある意味例外中の例外だったんです…。
政治を行う政党としては、ある程度信頼が置けると思います。
ええ、色々問題はありますけどね。


公明党

こちらも政権与党を担っていますが、自民党がこれまで出さなかったような政策を出して、意外といいバランスを取っています。
公明党が力を入れるのは、平和、福祉、教育、人権、環境といった分野で、民主党などが今になって言い出している子育て支援、「児童手当」は、公明党が野党だった40年前から取り組み、実現させてきた施策です。今回ももちろんそれの更なる拡充をマニフェストに載せて、取り組む構えです。
それ以外では、政治汚職に関して画期的なものを打ち出していますね。
議員の秘書辺りが違法行為をすれば、監督責任を取って議員も公民権停止という厳しいものです。
丁度、某民主党の元代表と現代表に当てはまりそうな気がしないでもありませんが、不正に対して厳しい態度で臨むべきだという点において異論を挟む人はいないでしょう。
民主党の人間を除けば。
上にも書いたとおり、野党の時代から議員数は少ないにもかかわらず、様々な政策を提案して実現させてきた実績があり、政策提案能力、政策実現能力は実はかなり高いです。
それら政策の内容も野党時代で通せるほど、的確なものです。
そういった点で、政党としては非常に信頼を置ける政党なのです。
が、公明党に対していわれのない偏見を持っている人がいるという現実があり、正当な評価がされない現実があります。
その支持団体に創価学会があるのが主な理由でしょう。
こういった偏見を助長しているものとして、新潮などの週刊誌といったマスゴミが挙げられます。

民主党

えっと、こちらでも簡単に。
公明党と違って、議員数は多いにもかかわらず、政策提案能力、政策実現能力は低く、これまでの選挙で掲げたマニフェストは、政権を取れなかったことを理由にことごとく反故にしてきた政党です。
一部議員は、公然と誹謗中傷を行うなど議員としての質も良くありません。
今回掲げているマニフェストも現実的なものではなく、政権をとっても実現は不可能、そして混乱をきたすだけだと思います。
発足当初はまだマシだと思っていたんですけどねぇ…。
政党として、信頼を置くことは出来ません。

共産党

えっと、建設的な野党でしたっけ。
ほぼ全ての法案に反対して、いちゃもんつける政党が建設的ですか…。
はっきりいって、これまでこの党が何らかの実績をあげた事はありません。
政策提案能力、政策実行能力共に皆無です。
こんな政党に票を入れる人間なんて、どうかしてるとしか…。
信頼がどうこうより、日本の政治の舞台からいなくなって欲しいというのが、個人的な意見です。
自公政権に退場願う前に、まずは共産党に退場していただきましょう。

社民党

共産党より、ほんのちょっとはマシかもしれませんけど、それでも似たり寄ったり。
こちらも政策提案能力、実現能力共に低いです。
以前、社民党と自民党、新党さきがけが連立を組んで政権運営をしたことがありますが、その時に起きた阪神大震災での非常にまずい対応など、政権運営能力自体無いことが既に証明されています。
さらに、この社民党党首自体にも問題があり、以前このブログでも話題に出したことがある「B-52が空母から飛び立つ」と、国会で言い出した事件など、政治家としての資質を疑わざるを得ない人物が、いまだに党首の座にいること自体、社民党の政党としてのレベルを現しているといえるのではないでしょうか。

国民新党

えっと、ここって要するに古い自民党ですよね?既得権益を守ろうとする。
綿貫代表の身内の人ってトナミ運輸の社長やってて、郵政民営化するとそのトナミ運輸の権益が失われるから離党して新党作ったって聞きましたけど…。
そういう感じで、この党に関しては旧自民党の悪い部分っていうイメージがあります。
民主党の掲げている官僚主体の政治からの脱却って、この人たちとは相容れないんじゃないんでしょうか?
ともかく、そういった体質の政党である以上は、信頼しようがないです。

新党日本

党首の田中康夫さんって、前は長野県の知事をしてて、今度は兵庫は尼崎市辺りの小選挙区に立候補しているんですよね。
この人に限りませんけど、その土地に根ざしていない人が立候補して、その人が当選してその地域の為になるとでも思っているんでしょうか?
はっきりいってノーです。
今回については、公明党の冬柴さんを落選させるためだけに立候補しただけで、兵庫の、そして尼崎のためにならないことは間違いないでしょう。
尼崎に住まわれる方もそのことはよくわかってらっしゃると思いますが、自らが住む土地の選挙が、そういう場所にされるというのはいやなものですね。

え、新党日本ですか?
党首が、以前誹謗中傷を公然と行ったことがありますので、そのような党に存在価値はないでしょう。

改革クラブ

こちらに関してはあまり知識はありません。
というか、最近出来た会派なんですね。
個人的には良識ある人たちではないかと思いたいのですが、まだなんとも…。
今回の選挙で存在感を出して欲しいところですね。
議員の数は少ないのですが、与党の一員です。


以上です。
何度か誹謗中傷とありますが、いわれのない誹謗中傷を行ったことがあるところは、例外なく評価が最低です。民主党しかり、新党日本しかり。
今の民主党はそういった誹謗中傷を行いながら、議員として存在している輩がいますので、なおさらでしょう。



今回の選挙では、あまり政治について考えてない人は民主党に入れてしまいそうですね。
その結果がどうなるかすら分からずに。
賢明な皆さんはきちんとした判断をされることを祈りたいと思います。


最後に、今回に記事にもし間違いがあれば、例によって指摘していただけるとありがたいと思います。
間違いがあったとしたら、それを放置するのは問題ですからね。


2009-08-30(Sun) 03:39| 駄文| トラックバック 0| コメント 2

コメント

重要

世界の救世主、「幸福実現党」の説明がされてないのは只の偏見ですか? 今こそ、アメリカと共に北朝鮮に対して先制攻撃を!マニフェストは素晴らしい! 今、まさに大川氏が世界の神になる為の選挙だったのですよ。 しかしながら、国民は選らばなかった。世界の行く末が更に混沌とします。

2009-08-31(Mon) 23:18 | URL | 神 #-[ 編集]

Re: 重要

多忙に付き承認していませんでしたが、多少余裕が出来ましたので承認させていただきます。
この件に関しては新規に記事を立てますので、もしも見ているようでしたらそちらにて、簡単ではありますがお答えいたします。

2010-03-31(Wed) 10:46 | URL | 黒いチューリップ #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/630-db32894d
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。