FC2ブログ

本日   昨日

CALENDER

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

興味と関心その1

興味とは… (大辞泉より引用)

1:その物事が感じさせるおもむき。おもしろみ。興。

2:ある対象に対する特別の関心。

3:心理学で、ある対象を価値あるものとして、主観的に選択しようとする心的傾向。教育学では、学習の動機付けの一つ。



関心とは… (大辞泉より引用)

ある物事に特に心を引かれ、注意を向けること。





興味と関心、基本的にはよく似た意味なんですけどねぇ。
人間が生きていく中で、この興味と関心っていうのは死ぬまで付きまとうことになります。

お腹が空いたら、その不快情動に関心を向けて興味を持ちます。
その興味は不快なものなので、その興味を無くすために、食事に関心を向け興味を持ちます。
「何食べようかなぁ、どれがおいしいかなぁ」と考えながら、料理に関心を向け興味を持ち………

最終的には満腹中枢から来る快情動によって、最初の不快情動が消えてなくなってしまう。


というのが身近でよく起こっている興味と関心の代表例。



人間は、どんなものに対しても関心を持って興味を抱いているのだということをふと思い付きました。

私が今頭を悩めている他人に対してもそれは一緒。


ブログの場合は、様々な閲覧者さんが見ていただいているわけですが、皮肉なもので、コメントを書いて名前を残していったりしない限りは、どのような人が見ているかなど、さっぱりわからないので、関心も興味も持てません。
…いや、どんな人が見に来てくれているのだろうとか、どんな意見を持って通り過ぎていくのだろうとかいう興味はわきますけどね。



ところで、1年前ほどではないにせよ、つまらないものを作りたがる私が、久々にこんなものを作り出してみました。

興味と好感


とりあえず「興味と好感度グラフ」とでも名付けて見ました。

これは、ある対象(この場合人間で)に対してどれだけ興味を抱いているかを簡単に示すグラフのつもりで書いてみました。

数値に付いて適当に説明してみますと…


興味度合い

0:完全に興味がなく、記憶にも全くない状態。
1:ほぼ興味がなく、普段思い出す事はないが、外的要因により、わずかに思い出すことができる。
2:ほぼ興味がなく、普段思い出す事はないが、外的要因により、何となく思い出すことが出来る。
3:ほぼ興味がなく、普段思い出す事はないが、外的要因により、ある程度思い出すことが出来る。
4:やや興味があり、普段念頭にはないものの、内的要因によって、ある程度思い出すことが出来る。
5:やや興味があり、普段念頭にはないものの、内的要因によって、しっかりと思い出せる。
6:興味はあるが、念頭にない事が多く、ちょっとした内的要因で、思い出すことが出来る。
7:興味があり、割と簡単に思い浮かべることが出来る。
8:興味があり、念頭に思い浮かぶことが多い状態。
9:強い興味があり、ほぼ常に念頭にあり、容易に思い浮かぶ状態。
10:強い興味があり、頻繁に思い浮かび、忘れることが出来ない。


好感度度合い(一例)

+5:対象に対し非常に強い好感を持っている状態。
+4:対象に対し強い好感を持っている状態
+3:対象に対し好感を持っている状態
+2:対象に対し少し好感を持っている状態
+1:対象に対しよい印象を持っている状態
±0:対象に対して好感も嫌悪感も持っていない状態
-1:対象に対し悪い印象を持っている状態
-2:対象に対し少し嫌悪感を持っている状態
-3:対象に対し嫌悪感を持っている状態
-4:対象に対し強い嫌悪感を持っている状態
-5:対象に対し非常に強い嫌悪感を持っている状態


ぶっちゃけ言葉で説明するのは難しいんですが、大体こんな感じです。

ちなみに、好感度に関しては、ここに書いたような簡単なものではなくて、もっと複雑なものであると考えています。
まず「好き」と言う言葉1つ取っても、「Like(好き)」であったり「Love(恋、愛)」であったり「Respect(尊敬)」であったり「Admiration(憧れ)」であったりといろんな感情が入り混じっています。
また、「好き」であると同時に「嫌い」でもあるという複雑な感情を抱く人も当然いるかと思います。
グラフ上では±0であっても、実は+5であると同時に-5でもあるという事もありうるわけです。


あ、ちなみに外的要因とか内的要因とか難しい事書いてますが、
外的要因とは、他人からその人物の名前を聞かされたりだとか、写真を見たりだとかそういうことを想定していますし、内的要因とは、頭の中で巻き起こった考えからふいに思い出す、というような事を想定しています。
連想といってもいいかと思いますけどね。




では、このグラフをちょぴっと見ていただいて、興味が0という対象に付いて考えて見ますが、これに当てはまる人間っていうのは、全世界の95%を軽く超えるといってもいいのではないでしょうか。
99%かも?
基本的にどんな人であってもほとんどの人は興味を持てないわけですしね。

…まぁ、異性として興味を持つとかなら50%くらいまで下がるのかもしれませんが………。


このグラフの1以上に当てはまってくるのは、同級生だったり友人だったり恋人だったり家族だったり、一部のご近所さんだったり、有名人も例外ではありませんね。

仮にこのグラフが異性に対してのもので、興味度合い10、好感度+5だとしたら、単純に考えてその子に恋をしている、とも受け取る事が出来ます。
つか、そうとしか受け取れませんが。(ニヤリ)



では、今回の記事はここまで。
続きは…、気が向いたら書き始めるでしょう~。





2008-07-19(Sat) 05:39| こころ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/546-a435aeb1
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング