本日   昨日

CALENDER

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ほめられべた

ん~と、ふと気が付いた私の「こころ」についての結論の1つ。



誉められ下手



私が自分を含めた人に対して抱く情動(感情)の出方で、喜と楽というプラスの快情動が結構少ないのに対して、怒と哀というマイナスの不快情動が大きく出やすいということが判明。

もちろん相手にもよりますけどね。
好感を持っている相手に対してはプラスが平均より出やすいというのはあると思いますが、基本的にはそうらしいっぽい。

例えば、情動全てがバランス良く出方も標準的な人が、他の人から受けた刺激に対して、快でも不快でもないと判断するものでも、私の場合は不快と判断してしまうと、そういうけったいな性質を持っているらしいです。

その為に、いわゆる被害妄想に近いものを持ち、他人のせいにしていると見られる外罰型という面を持っている一方、自分に対しても自己嫌悪などという形で不快情動が起こるために内罰型という面も強く持っている、という形。


ちなみに外罰型というのは、要するにもやっとしたものを他人のせいにしてしまうことで、相手に苦痛を与える「困ったさん」。
そして内罰型とは、それとは逆に自分が悪い自分が悪いと自分の中に苦痛を溜め込むタイプ。「自分をいじめる人」とも言えます。

自殺をしてしまう方は、後者の内罰型が非常に強い人ではないかと現段階では思っています。

私も、どちらかといえば内罰型が強い傾向にあるようです、どうやら。
こちらは既に自分で達観しているんですが、私はどうあがいても自殺は出来ない人間だと悟ってしまいました。
ですから、どんなに自分を追い込んでも死ぬことはあり得ない。
必ず自殺以外の逃げを選ぶようです。

今の私は、その逃げが16点回頭(180°方向転換)して、プラスの方に突き進んでいる状態のようです。
そもそもどうしてこういう状態になっているかの根本を見極めようとしているのですから。

で、結果導き出された結論の1つが「人に対するプラスの情動が弱く、マイナスの情動が強い」ということ。



そういえば、思い出せる限りでどれだけ誉められたことがありますかね~?

………あんまりないな。(断言)

いや、あるにはあるんですけど、その時には誉められたとは思っていなく、「いややわぁ、皆さんの力があってこそやん~」だとか「ほえ?別に、普通のことをしているだけなんやけどぉ…?」という程度にしか捉えてなかったということです。

称賛さえも人のせいにしてやがります、私は。



ただ、その情動の発生の大きさにも対象によっては異なるんですよ。

その一番いい例が


まず、発見しただけで(わずかに)喜んでます、うれしい思ってます。
デジカメとかを持っていたら間違いなく激写。
上手く撮れたらかなり喜びます。

その後近づくと大抵のお猫様は逃げてしまうんですけどね~。
しかし、もし撫で回せるようだったらもう~、


もうもうもうもうもう~♪


嬉しくて仕方がない!


その上さらに抱っこできたら倍率ドン!さらに倍!
16・20・4・8・18!



さらにさらに!

猫パンチを繰り出されてきた日にゃあ、

幸せで幸せでもう溶けますね。


逆に引っ掻かれたり、逃げられたとしても、特に不快には思わず微笑ましく見送ります。
…痛くても。



犬に対してはそんなにプラスマイナスの差は無いです。
ちょっと恐いのもありちょっかい出すことは滅多に無し。

ただ、大人しい子で撫でられたら、やっぱり嬉しいですよぅ~。



これ読んでたら「それじゃあ猫をいっぱい飼って自由気ままに暮らしたらいいんじゃね?」とか言われそうですが、そういうわけにもいきません。

人に対してそういうマイナスに偏った感情の持ち方自体が間違っているわけで、少なくとも、こういった面は今後の自分にとって決していい方向には向かないというのは分かり切った話です。



本当はですね、しょきがくしゅうで書いたとおり、生まれてから2~3年の間の臨界期にとにかく何をやらかしてもいいところを見つけて誉める、というのが一番いいんですよ。
まあ、臨界期に限りませんが、小学校低学年の間までは、でしょうか?
もっとも、間違っていることはきちんと教えておくことが大事なのは言うまでもありませんよね。
基本的には間違っていることを最初に教えて、その上で誉める、というのが鉄則だと思います。





………そうか~、私は生まれてからあまり誉められずに育てられてきたのかなぁ。

火のしつけなんて、火を消した直後のマッチ棒の頭を手にそのまま…








じゅ。





ってされていたらしいですからね。
そりゃあそんなことされてたら悲観的になってもおかしくはないです。(涙)

なお念のために…。
当然今そんな事をやったら幼児虐待なんで。





というわけで、この根本的な問題は、生まれてから8年くらいの歩みが勝負の分かれ目というところで、克服は不可能。



………という結論を導き出したりしませんよ。
いくら悲観的でも、今の私は。





克服法は完全に他力本願なんですけど、周りの人から多大なるご協力さえいただければ2~3年もあれば何とかなるかもしれません。





でっかい褒めちぎってくれませんか?





誉められ慣れていないならば、慣れさせればいいだけのこと。

ただ、子供と違って私はちょっとやそっとのことでは喜びません。

とにかくでっかい頑固です。


喜び、嬉しさ、楽しさ、面白さという情動が発生する刺激を、理由を付けてのらりくらりと捌いてしまうけったいな性格ですから、逃げ場がないような褒め方をしないと恐らく喜ばないし、嬉しくならないと思います。

場合によっては裏を深読みして不快情動にまで変換してしまうというある意味凄まじい能力の持ち主です。



ですから、そういった逃げ道を無くして誉めるしか手段はありません。

思い付く具体的な手段は…、





ん~………、





それを私が言ったらでっかい終わりって感じがしませんか?





orz










それじゃあ…、


実は、いじめに悩んでいる子に対しても、誉める事って重要なことなんですよ。

自殺に追い込まれる子が全てではないと思うんですけど、その子の限界を超えた苦しみが襲ってくるから自殺という究極の、しかし決してやってはいけない逃げ道を選んでしまうんですね。

ですから、そのいじめによる苦しみを和らげたり、取り除いてあげたりする褒め方や励まし方ってあると思うんですよね。
まず、いじめを受けていることを知っていないと逆効果になりかねないんですけど。


「そんなにつらい目に遭っているのに耐えられるなんてすごいね、えらいと思う。」

「それじゃあ、無理しないで逃げてみよっか?」


この場合、「頑張れ」とか、「勇気を持って」とか、「努力しよう」とかいうその子が出来るわけがないくだらない励ましはかえってその子を追いつめます。

「頑張らないで」「逃げるのはいいことなんだよ」といったような常識では励ましていないように見える言葉が本当の意味での励ましになるんですよ。
やわらか戦車と一緒。
後ずさりの道を選ぶというのが結果的に正しいことだってあるんですから。

ともかく、いじめられている子は間違ってなどいない、れっきとした1人の人間なんだから、誉められるところを無理矢理にでも見つけだして誉めてあげて、希望を持たせてあげるのがいいと思いますよ。





……………私の話とは全く関係ないんですけどね。


そだね~、私にとって不動のものとなっているものを誉めてみるとかはどうでしょうか?
私は上に書いたとおり猫好きですよね?
それを逆手にとって、猫を撫でて喜んでいる時に誉めるとかはどうなんでしょうね?
されたことが1度も無いから分かんないんですけど。

そいや、保育園の頃に、猫の真似とかして同じ年の子に喜ばれたことがありましたっけ?
猫の鳴き真似とか「猫座り」とか…。3歳?4歳?5歳?良く覚えてるね、自分。(汗)

猫を見た瞬間から多かれ少なかれはしゃいでいるわけですから、その状態そのものをもし誉められたら逃げようが無いんじゃないでしょうか?
いや、そこを誉められるとでっかい恥ずかしくなって穴を掘って埋まりたくなるかも。(苦笑)


あとは、私の好きな分野(ゲーム、鉄道、軍事、アニメ、マンガ、旅行など)を徹底的に語らせて聞きに回るとか?

これは誰でも好きなことを聞いてもらえれば嬉しいに決まってますからね。
………話すかどうかはさておき。



さて、ここまでぶちまけたところで、ここまで書いた私の問題点を克服する方法について、最大の欠点を発表します。

それは!





このブログを、現実の周りの人(家族や親戚、友人などなど)がまず見ていないだろうということ!





泣けるぜ…





2006-11-25(Sat) 02:00| こころ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/424-bb835fd1
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。