FC2ブログ

本日   昨日

CALENDER

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

ぶりおこし

富山県や石川県の冬の始まりに、でっかい雷が落ちまくってぶりが富山湾辺りまで2列縦隊作って行進してくることをぶりおこしといいます。
(後半部分に嘘、大袈裟、紛らわしいがあります)

あと1ヶ月もすると来るんですね、奴ら(=雷)が。
(↑雷がでっかい嫌いなのです…)



最近ふと思うことが1つ。



雷雲に荷電粒子砲を撃ち込んだら一体どうなるんだろう?



荷電粒子砲というのは、手っ取り早く言うところのビーム砲です。

アニメ、ゲーム、マンガではよく出てきます。

電子砲(ふしぎの海のナディア)、メガ粒子砲(ガンダム)、陽電子砲(エヴァンゲリオン)、波動砲・反射衛星砲・デスラー砲・超巨大戦艦の主砲・α砲・β砲・新反射衛星砲・ハイパーデスラー砲・拡大波動砲・ニュートリノビーム(ヤマト)、スペシウム光線?(ウルトラマン)、各種荷電粒子砲・カニ光線・新型カニ光線・ねこビーム・にゃんこビーム(鋼鉄の咆哮シリーズ)などなど、お馴染みのものから意味不明のものまで色々あります。


現実世界では、作ろうと思えば技術的に可能ですが、諸々の理由でまだ兵器として作られてはいません。
電子、陽子、重イオン、陽電子、反陽子などの荷電粒子を、粒子加速器によって加速させ、それら荷電粒子を大量に高速で打ち出して破壊力を得るというものです。
身近なところではブラウン管の電子銃がこの原理を利用しているらしいんですが、よく分かりません。

レーザーは、光の一種であるために光速で目標に到達しますが、目標に到達したときに物質を加熱させて溶解させるために、莫大なエネルギーを使わない限りは兵器としては実用化できません。

一方、荷電粒子砲は、実体を持つ粒子を打ち出すため、その速度と量に比例して物理的破壊力を得ることが出来るものと思われます。
しかし、速度は粒子加速器にもよりますが、理論上光速と同じ速度まであげることが出来ず、レーザーよりは遅くなります。

また、荷電粒子は地磁気や太陽風などの影響を受けて簡単に偏向(ひん曲がる)するので、レーガン大統領時代の戦略防衛構想では、電気的に中性の中性ビーム砲が盛んに研究されたとか。

ちなみに、陽電子、反陽子というのは反物質というものですので、荷電粒子砲に使用すると、物理的破壊力ではなく、対消滅という現象が期待できます。
ただし、大気中で使用すると、発射したと同時に空気そのものと対消滅を起こしてしまうため、距離に応じてでっかい減衰していきます。
目標に命中すると、対消滅とそれによって生じるエネルギーで大きな破壊効果が期待できるんですけど、射程自体は非常に短くなると思います。


さてさて、雷雲に撃ち込んだらどうなるかという疑問についてなんですが、とりあえず陽子と電子を用いた荷電粒子砲で考えてみましょう。
ちなみに、あくまでも個人的な憶測です。

まず陽子を用いた荷電粒子砲(陽子砲と命名)ですが、こちらは正電荷となります。
一方、雷雲の下側は負電荷。
雷は、雷雲下層の負電荷と、地上の正電荷の電位差が基準を超えると落雷という現象が起こりますので、単純に考えたら発射した瞬間、もしくは発射する直前に、陽子砲が持っている正電荷めがけて落雷します。
下手したら、陽子砲を撃つ準備段階でも、陽子砲の装置一式に落雷するかもしれません。

一方、電子を用いた荷電粒子砲(電子砲と命名)ですが、こちらは負電荷です。雷雲の下層も負電荷ですので、撃つと反発する力が発生すると思います。
ただ、その電子砲の発射装置一式の下の地面は、雷雲の影響で正電荷になっています。
よって、装置と地面が絶縁してあることが前提になります。
ここからはどうなるのか憶測すら難しいんですが、
とりあえず空に向けて発射します。
まず考えられるのは、雷雲の負電荷と反発する力と、地面の正電荷によって引っ張られる力によって速度が少なからず減速していきます。
発射角度が僅かでも傾いていたら、地面の方に偏向していきます。
もしかしたら、偏向しすぎて地面の方にカーブして直撃したり、明後日の方向に飛んでいくかもしれません。

また、地面の正電荷が強い状態で撃った場合、電子砲の弾道に一番近い避雷針などから落雷に似た放電現象が起こる可能性もあります。



……………、



結論。





1度やってみるといいよ♪




無理だって………。



最後に蛇足として、荷電粒子砲とは関係ありませんが、石川県で、人為的に落雷を引き起こす実験が行われて、見事成功した事があります。

石川県は雷天国なので、そういった実験には一番適しているみたいです。





2006-11-20(Mon) 04:19| 軍事| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/416-4265f6d2
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング