本日   昨日

CALENDER

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

とらいでんとみさいる

というわけで、ストラトス・フォーの第2弾。


本来書きたかったトライデントミサイルについてのご説明。





でっかい岩や氷の塊である彗星(隕石)を破壊するには、どうしたらいいんでしょうか?


ミサイル、ミサイルといっているくらいだからミサイル撃ち込んで「どかーん」でおしまい、かと思いますが、よーく考えたらぶっちゃけ無理です。


彗星めがけてミサイルを命中させるのは問題ないとしても、せいぜい彗星の表面を砕く程度で、破壊するなんて夢のまた夢。
あとはせいぜい飛来コースを変えるくらい。


破壊するとなると、隕石に穴を開けてその中に爆発物を仕込み、それを爆発させるのが理想的ですが、先日ニュースにも持ち上がった人工衛星「はやぶさ」による小惑星「イトカワ」とのランデブー&岩石採取を見てもお分かりの通り、隕石にランデブーして穴を開けて云々というのはかなり難しいことで、しかもその隕石がでっかいたくさんやって来るんですからいちいちそんなことをやっていたらあっという間に人類滅亡です。

さすがに「宇宙戦艦ヤマト」のようなガミラスの遊星爆弾によって海すら蒸発してしまった地球にはならないでしょうが、氷河期が訪れて人類滅亡です。



そこで考え出されたのが彗星迎撃ミサイル「トライデント」です。

某ファイナルファンタジーに出てくる槍に使われそうな名前ですね。(笑)


このトライデントミサイルは、発射と同時に外殻を分離して、目標(彗星)に接近すると3つの反応弾を放出します。
反応弾は、ミサイル本体中央からワイヤーで繋がれたまま、遠ざかりつつも反応弾同士がそれぞれ正三角形の頂点のような位置関係を維持しながら飛行を続けます。


そして、目標(彗星)との距離が最適になった時、3つの反応弾が同時に爆発します。
すると、それぞれの反応弾の爆発が、互いの爆圧を偏向収束して、3方向に面状に広がる高温高圧のプラズマカッターと、前後方向に鋭く伸びるプラズマビームを形成。
このプラズマエネルギーでもって目標(彗星)を破砕します。


原理を簡単に説明しますと(といっても軍事関係に明るい人でないと理解できませんが)、いわゆる成形炸薬弾のノイマン効果と同じ原理です。(※注1)


まずプラズマビームが彗星に穿孔(穴を開けます)した上で、プラズマカッターが彗星をスパスパ切断。
んでもって、そのとってもでっかい熱エネルギーでもって、彗星内部の水分を急激に蒸発させて水蒸気爆発を起こし、彗星を細かく破砕しちゃいます。



コメットブラスター機もメテオスイーパー機も、このトライデントミサイルを搭載して彗星迎撃に向かうのです。





ちなみに、「トライデント」という名前は、ギリシャ神話のポセイドンが使っていた三つ又の矛が名前の由来となっています。





こんなミサイルが現実に出来たならば、小惑星が接近してきても恐くありません!

…ですけど、実際に作れるものなのでしょうか?
とりあえず、頑張って研究して下さい。










ちなみに、反応弾反応弾と書いていますけど、これって勝手に個人的解釈をさせてもらいますと、




















ぶっちゃけですよね?










非核三原則がある日本は沖縄県の下地島にそんなものがあっていいんでしょうか?















御都合主義で解釈させてもらえれば…、










1:大丈夫、この反応弾はじゃないんだ!


2:彗星が落ちまくってくるという非常事態の前には如何ともし難く、日本お得意の法律解釈変更などで対処。(もしくは例外規定を設けた)


3:「彗星が落ちまくってくるというこんな非常事態にそんなご託を並べてんじゃねえよ!!」という外国からのでっかい圧力に屈した。










…とりあえずこんな所かな?(笑)










それでは次回はそのトライデントミサイルをぶっ放したあとについてお届けしたいと思います。





…だって、だもん。










(※注1)

ノイマン効果

普通の人(ここに来られている方で「普通の人」がどれだけいるのかはさておき)は軍事知識にはさっぱりだと思いますのでご説明します。

いわゆる成形炸薬弾と呼ばれる砲弾がその原理を利用していますが、円錐形のくぼみを持つ炸薬を、後方(円錐の頂点がある方向)から起爆すると、反対側の前方にでっかい穿孔力が生じる現象のことで、成形炸薬効果とも呼ばれます。


ただし、この説明の現象は、本来「モンロー効果」と呼ばれています。
「ノイマン効果」の方が知られているかと思いますのでノイマン効果として説明しましたが、本当のノイマン効果は以下の通りです。

成形炸薬にある円錐形のくぼみの内側に、金属板で内張りをする(くぼみと同じ形の金属の円錐をはめ込む)と、穿孔力がさらにでっかくなる現象をノイマン効果といいます。

爆発が進んで金属の内張りに達すると、爆発による高温高圧が金属を蒸発させて、その金属蒸気が衝撃波と共に前方に噴出する「メタルジェット」という現象が起こります。

また、蒸発しなかった一部の金属も、中心部でぶつかり合って溶着体と呼ばれる金属塊になって、メタルジェット共々前方に飛び出します。

それらによって、モンロー効果とは比較にならないでっかい穿孔力が生まれるわけです。


簡単(?)に言うと、火薬の爆発に関する現象のことです。










でっかいマニアックです





2006-02-16(Thu) 01:49| ストラトス・フォー| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/40-2111f0c0
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。