FC2ブログ

本日   昨日

CALENDER

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

ゆめで…03

…多分今までみてきた夢の中できっと最悪です。

よく見るいきなり落っこちてしまう夢だとか、チェーンソー男4人組に襲われたりするような、自分が危険に晒されるというそんな生やさしいものじゃないです。


………つか、最近落っこちそうになると何故か浮かびますからね。

ぷか~~~って。



ずっと頭をフル回転させてきた弊害でしょうか?



家族に話したら一応フォローしてくれたんですけど、まだ釈然としないです………。






北海道で竜巻が発生して9人が亡くなったという事が発生したのはご存知だと思いますが、私はそのことを知ったあとで、家に帰るとグロッキーで昼寝をしちゃったんですね。

そこで見た夢。


とりあえずそんじょそこらも風が吹き荒れているのもあって、まず台風の夢を見たんですよ。
で、その中でプチ竜巻とかメガ竜巻とかが起こっているのをどういう手段を取っているのかさっぱり分からないながらも見ていたりするんです。

それはそれで普通の夢だと思いますから別に構いやしないんですけど、問題はそのあと。



いきなり雪が深く降り積もった雪原に場面転換。
で、その雪原をよく見ると至る所に人が倒れているんですね。

なんか設定として、何らかの理由で多数の人が遭難して、死者50人以上、という場面に出くわした(救出しに来た?)らしいです。


で、その倒れている人達は、もうほとんどが亡くなっているみたいなんですが、2人だけわずかに動いていて生きているんです。

当然の事ながら助けようと思うんですが、そこで何かすぐその場から離れないといけないということになったみたいです。
(他の人に強く促されたのか、自分自身も割とやばい状況だったからなのかはちょっと不明)

そして、やむなくその場を離れてしまった、という夢。



その夢では、その2人がどうなったのかまでは分からないんですが、私はその2人はその後亡くなってしまったんだと思いました。
可能性としてそのすぐ後に違う誰かが救出してくれて生き延びることが出来たのかもしれないんですが、何も出来ずにその場を離れてしまった私は結果、その2人を見殺しにしてしまったということだと思います。


夢だったとしても、すさまじいまでの罪悪感を感じてしまい、それによって気分は一気に急降下。


これが現実だとしたら、間違いなく助ける行動を取るものと思います。
で、私の場合バカなので、そういう状況になると自分のことは忘れてしまうんですよね。
目的のためには手段を選ばない、というより手段のためには目的を忘れるって感じ?
ですので、場合によっては助けられなかったあげく、自分の命さえも危険にさらす可能性大だと思うんですけど、それはそれでありだと思います。

…状況にもよるかな?
見渡す限り雪原で、自分1人だと、1人を助けることが精一杯か、1人すら助けられないだろうから、できる限りの応急処置をした後に元来た道を引き返して応援を呼ぶかもしれないし。

仮に自分自身が危険にさらされつつあるのだったら、その時点で応援を呼ぶしか手がないわけですから、声をかけて(←これ重要)から戦略転進するしかないと思わざるを得ないですよね。


でももし、他にも200人ほどの人達が遭難しちゃったから2人よりも200人を助けるために2人を見捨てる、という判断を他の人が下したとしたら?

災害現場での救命活動として、負傷者の状態を4か5くらいのランクにまず早期に格付けするんですよね。
放って置いても命に別状はない軽傷の人や亡くなっている人はとりあえず後。
重傷の人で、救命措置を行えば助かると判断されれば救命措置を行うというランク付けをしますが、助かるか分からない、もしくは助からないかもしれない重体の人には、救命措置を行わないと決めてしまうそうです。
災害現場では多数の負傷者が出てくるわけですが、助かるか分からない人に対する救命措置をしている間に助かると判断される人の容態が悪化してしまうことがあるため、そういったことを決めてしまうそうです。


多分その2人を見捨てて200人を救おうという判断は正しいのかもしれませんけどね。
私としてはまだ生きている目の前の2人を見捨てることは出来ないと思います。
非情になれないんですよね。
無駄だと分かっていても昔からそうでしたから。
甘甘なんです。



親切とお人好し」で書いたことに対する、別の自分が投げかけたアンチテーゼなんでしょうか?


というわけで今日はろくに考えられなかったのであります。
はぅ………



2006-11-08(Wed) 02:02| こころ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/394-a2129493
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング