FC2ブログ

本日   昨日

CALENDER

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

いしかわにゅーす017

久々のいしかわにゅーすです。



浜岡原子力発電所5号機(ABWR)が、タービン羽根が折れたことにより、原子炉が自動停止したことについて、同じ型のタービンを採用した、日本で今のところ一番新しい志賀原子力発電所2号機(ABWR)でも同型のタービンを採用しているということで、運転を止めて点検することになりました。
予定している運転停止期間は4ヶ月とのことです。


しかし、これは4ヶ月では済まない気がします。

浜岡5号機が運転開始したのが去年1月で、定期点検を1回やっている計算になりますが、点検期間を含めても運転期間はたったの1年半。

たったそれだけの期間を動かしただけで、タービンが破損するということは素人でも分かりそうなものですが、設計段階での問題、つまり設計ミスくらいしか考えられません。

今回の志賀原発2号機の点検でもひび入りタービン羽根が見つかったら当選確実だと思います。

設計ミスだとすると、定期点検ごとにタービンを交換すればそんなに問題はありませんが、それだと明らかにコストがかかりすぎますね。

で、万一タービンが破損して原子炉が自動停止せず、羽根のかけらがそのまま復水器に行き、原子炉に冷却水を送り込むパイプにでも詰まったとしたら………(それ以前に破片が冷却系パイプまで到達できる構造になっているのか分かりませんが)最悪ECCS(緊急炉心冷却装置)起動?

いや、その可能性自体限りなく低いか…。

とりあえず、最低4ヶ月は志賀原発2号機は止まったまんまということですね。


でも、同じABWRでも柏崎刈羽原発の6号機と7号機は別設計のタービンを使っているんでしょうかね。
あちらは出来るのが比較的早かったから大丈夫なのかな?



んで、当然の事ながら連中がのさばるんですよ。

原発は百害あって一理なしなどという根拠無根のことを言いふらし、利点やメリットを全て否定し、たまに起きる事故や故障などだけを強調する連中


連中の団体の名前って、脱原発ってフレーズが付いているようです。

はあ、原発を全て無くそうとでも本気で思っているんですか?



それこそ百害あって一理なしだわ。



頭の悪いことは他の人がいないところで聞こえないように言ってなさい。





ここで、某脱原発を謳っているサイトさんからの文章を一部引用。
ちなみにこの文章は、多分1998~9年くらいに作ったものと思われます。



「日本の電力需要は、真夏のクーラー使用によってピークになりますが、そんな時期でも日中の数時間以外は、水力、火力だけでまかなえる設備があることがわかります(1997年8月について)。

もちろん、水力・火力もいつも100%稼動するのは無理としても、それほど原子力に頼る必要があるとは思えません。
まして、1980年代半ばまでは、ピーク時でさえ水力・火力の合計を下回っていたのです。

つまり、
仮に今すぐ何の対策もとらないで原発を全部止めたとしても、1年の大部分はまかなえるし、真夏のピークの数時間だけせいぜい10年~15年前の電力水準に戻すだけで、危険きわまりない原子力発電とさよならできるのです。

その頃には主な家電製品はほとんどありましたし、今では省エネ技術が進んでいることを考えれば、「原発を止めると電力パニック」というような宣伝はちょっと大げさすぎる脅しだと思います。

「原子力が4分の1」とか「3分の1」とかになっているのは、電力会社が他の発電設備を遊ばせてでも原子力発電を最優先で使っているだけで、そうしか出来ないわけではないのです!。

現実には、突然、何の対策もとらずに原発を止めることは非現実的でしょうが、

省エネルギー化や新エネルギーへのシフトなどをきちんと組み合わせれば、脱原発は十分に可能です。




ふむふむなるほど、傍目にはまともに見えなくもない。

しかし、突っ込み所満載。(ニヤリ)


真夏のクーラー使用によってピークになります

これは今も変わりません。
むしろ、数年前から夏の気温が上がり、酷暑という言葉が使われるほどの暑さにまでなってきており、ピーク時の電力消費量の記録がどんどこ塗り替えられてきていますね。
あと、ピークがあるのは夏だけではなく冬も同じだということをお忘れなく。


水力・火力もいつも100%稼動するのは無理

当たり前です。
火力発電所でさえ標準的な稼働率は80%程度。水力発電所に至ってはせいぜい45%が限界です。


1980年代半ばまでは、ピーク時でさえ水力・火力の合計を下回っていた

20年前と比べられても困るんですけど。
20年前と現在の電力消費量を比べると軽く2倍以上の開きがあるんですよ?


せいぜい10年~15年前の電力水準に戻すだけ

私の家は結構省エネでしてねえ、エアコンなんて無いんですけど。
そんなうちの場合は夏場の電力消費ピークが昼間に来ることはありませんので、今でも軽く10年前の電力消費水準だと豪語できますが、他の一般住宅にお住まいの方にエアコンなどの冷房設備の使用を控えろと?
企業などに、作業効率を落としてまで冷房を止めろと?
冷房が動かない列車の中で超灼熱地獄を乗客に味わえと?
病院や介護施設などの冷房も使うなと、つまりはそういうことですか?


「原発を止めると電力パニック」というような宣伝はちょっと大げさすぎる脅しだと

パニックにはならないでしょう。
ただ、脅しというのは言いがかり。
いくら温暖化対策として省エネ技術を高めた電化製品が続々登場しているとはいえ、イコール電力消費量が減ることには繋がりません。
減らした方がいいのは確かですが。
総発電能力の20%以上を占めている原発の電力がなければ確実に電力供給が不安定、いや電力不足に陥ります。
代表的な例が、2003年に東京電力が全原発を止めた事により電力供給不足が確実視され、ずっと使われずにいた火力発電所をわざわざ動かした上、電気を作る東京電力自らが、あらゆる企業などに節電を呼びかける異常事態に発展した事がありました。
この時は、遊休火力発電の再稼働以外にも、他電力会社から電力を融通してもらったり、夏に入る前に全17基ある原発の内5基がなんとか運転を再開できたため、停電などの供給不安定が起こることはありませんでした。


電力会社が他の発電設備を遊ばせてでも原子力発電を最優先で使っている

火力発電所は特に遊ばせたほうがいいんです。
遊ばせた分、化石燃料消費量と二酸化炭素排出量が減るんですから。
何より、原油価格の高騰により、火力発電の発電コストが上がる上、火力発電所を動かす=化石燃料の使用となり、市場原理として当然の事ながら燃料価格がさらに上がることになる。
そう考えれば、原発を最優先で使っているのは当然のこと。
二酸化炭素は出さず、原油価格の影響を受けない、また稼働率が上がれば上がるほど、発電コストが安くなるため、これを使わない手はない。


省エネルギー化や新エネルギーへのシフトなどをきちんと組み合わせれば、脱原発は十分に可能です。

省エネはオイルショックの時から日本で積極的に進められてきたものであり、省エネ先進国とも言える日本では、新たな省エネ施策による消費量の減少率は少なくなってきています。
よって、電力需要の減少も(期待したいが)あまり期待できません。
ただ、電化製品の省エネ技術の向上など、その努力は続けられるべきです。

そして新エネルギーへのシフトについてですが、それは順調に進んでいます。
新エネルギーといいますと、太陽光発電、風力発電、太陽熱発電、バイオマス発電、RDF発電などの廃棄物発電、燃料電池、未利用エネルギー利用、波力発電、潮力発電などが思い付きますね。
各電力会社や自治体なども、それらの導入を積極的に進めています。
しかし、進めていても、総発電量に対する割合はたったの1%
新エネルギーにも色々問題があり、現段階では原子力発電に代わりうるものにはどう転んでもなり得ません。


安全性についてはいずれ、まとめて記事にします。
ただ、少なくともチェルノブイリ原発事故や、TMI原発事故のような重大事故が起こることはありえません。


結論:

原子力発電所を無くすという活動そのものが非常識であり、日本全体においても、原発周辺住民の皆さんにおいてもプラスにはならず、むしろでっかいマイナスにしかならない。



こういった団体のほとんどが、国会においてどんな法案に対してもほぼ間違いなく反対しかしない日本共産党の息がかかっているそうです。
もっともらしいことを言っているように見えて、真実は悪い方にしか進まないものばかり。
このような団体については、その意図を見抜く必要がありますので、むやみに鵜呑みにしない方がいいです。
特に変なところに対して「反対」を掲げている団体は注意が必要です。



ちなみに、北陸電力から電力をもらっている人達はご存知でしょうが、7月から電気料金が下がりました♪

他の電力会社は原油価格の高騰にともなって値上げをしているにもかかわらずです。

この理由は、あくまで推測ですが、志賀原発2号機が運転開始した事による発電コストの低下が原因です。
志賀原発2号機の運転開始により、北陸電力の総発電能力に占める原発の割合が41%まで達したことも理由に挙げられます。
実はこれにより供給過剰となったのですが、その電力を他電力会社に売却することによる利益も電気料金に反映されたのでしょうね。


ただし、次の価格改定の時には覚悟して下さい。

間違いなく電気料金が上がりますから。
志賀原発2号機が止まっちゃいましたからね。
これも日頃からお世話になっている志賀原発の周辺住民の皆さんがより限りなく100%に近い安全に暮らせるようにお返しをするという感じでいれば気にもなりませんよ?



…本当は弾道ミサイル関連の記事も入れたかったんですが、長くなりますので別に書きます。





2006-07-08(Sat) 03:59| 石川県| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/205-5cd21ac3
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング