FC2ブログ

本日   昨日

CALENDER

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

かのうせい

北朝鮮の弾道ミサイル問題第2弾。



もし本当に撃ってきたとしたらどこに落ちるか?



そもそも撃ってこないに越したことはないんですが、今回はそういう仮定で。



あくまで軍事面に若干知識がある一日本国民としての意見ですが、今回も海上に落とす可能性の方が高いと思います。
日本海であれ、太平洋であれ。


仮に日本やアメリカなどの本土に着弾させたならば国際社会が黙っていませんし、アメリカ辺りは嬉々として(?)ケンカを売りそうです。

弾道ミサイルを発射して着弾したとしても、宣戦布告をされていない状態では、専守防衛がモットーの日本としては基本的に為す術がない。
アメリカはミサイルを撃って着弾させた事実を見て宣戦布告とみなしそうですが。


では、仮に日本本土を狙う場合、どこが狙われそうか?
普通に考えたら政治の中枢、東京都心でしょう。
そうでなければ陸海空の自衛隊基地、もしくは各地にある原子力発電所が考えられます。

ただ、通常弾頭である限り、東京都心に撃っても人的被害は甚大でしょうが政治の中枢が麻痺状態になったり混乱するということはあまり考えられません。

また、自衛隊基地に撃っても全国無数にある基地の内の一つを仮に潰せたとしてもどうなるものでも無いでしょう。
人的被害はあるでしょうが。
侵攻目的があったとしても1つや2つ基地を潰しても簡単に阻めます。

脅威だと思われるのが原子力発電所を狙った場合。
ただ、弾道ミサイルといっても実はいい加減なもので、命中精度自体はめっちゃ悪い。
弾道ミサイルは、まず発射して持てる限りの燃料を燃やして上空1000kmくらいの宇宙空間まで飛ばします(ものによっては違うかもしれませんが)スペースシャトルが周回する軌道、高度300~400kmよりも高いところまで達したら、あとはその位置エネルギーで落ちていくだけ。
弾頭自体に軌道修正する能力は基本的にはありませんので、命中精度自体は、通常目標地点から100m~2kmの誤差で落下します。

よって、仮に原発を狙ったとしても、原子炉自体に直撃させるのは無理とは言えませんがほぼ不可能です。



むしろ示威行為として、人が住んでいないような山中とか、そういったところに落とす可能性の方が高いんじゃないかと思っています。



ただ、実際北が何を考えているかなんて分かろうとしても無理な話なので、究極の結論は

さっぱり分からない

という感じです。



私としては被害が無ければそれでいいです。





2006-06-22(Thu) 01:56| 軍事| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/184-cd4dc596
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング