FC2ブログ

本日   昨日

CALENDER

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

じゃくしょうきょじんぐん

いや、現実の巨人は踊り出すほど(実際踊ってます)見事なスタートダッシュを切っているわけですが、私の場合はゲームの巨人軍なのです。



某セガの「プロ野球チームをつくろう!2003」というゲームで、とりあえず4年で世界一に輝くという偉業をまず成し遂げたのですよ。



(阪神の)今岡、斉藤、(西武の)和田、高橋(由)、二岡、阿部などなど、1番から8番まで、全員クリーンナップを任せられるような超超重量打線を組んだ強大な攻撃力の上に、今岡、二岡の二遊間やセンターの高橋(由)、捕手の阿部等概ね鉄壁の防御力。


投手陣もベストとは言えないまでも、上原、高橋(尚)、木佐貫、真田、林、(今はいない)ラスの先発陣と、久保、酒井、鴨志田、(もう引退した)木村の中継ぎ陣、そして(やっぱりいない)サンタナと、(戦力外通告された)條辺のストッパーという、微妙に最強のチームが、ある陰謀により一瞬にして消え去りました。


そして残されたのが、エディット選手ながら4番を任されていた架空選手「柳屋吾郎」と、「絶対に高校野球レベル以下」な雑魚軍団のみ…。


とりあえずドラフトで、守備がある程度上手い復活OB選手や、守備自体は下手だけど、足が速くて打撃も上手そうな架空選手、そして代打要員として取った3人の外野手を獲得。(有望遊撃手もいたんですが、コンピューターの陰謀により獲得できず)


FAでは、金に物を言わせてヤクルトの石川投手と(今はソフトバンクである)ダイエーの城島捕手(こちらは現在メジャーリーグのマリナーズに所属、活躍中)を獲得。とりあえず先発1枚と、捕手は安泰です。



問題は残りの空きポジションをどうするか。
柳屋は一塁手ですが、一塁は多少守備がショボくてもあまり問題にはならないので、外野手にコンバートするとして、残りのポジション。
投手陣もヘボすぎることこの上なしなので、球団から戦力外通告などを受けた選手が受ける「入団テスト」にて、ベテラン投手(能力はもう下り坂)を先発要員1人、リリーフ要員3人を確保。
野手は、二塁手にヤクルトの城石と、日本ハムの奈良原を確保。
三塁手と遊撃手は、かつて巨人にいた江藤と川中(川中は今も元気に頑張ってますね。江藤は西武に移籍)を確保。
外野手は広島の緒方だけしかいなかったので、1人だけ。
ちなみに一塁手は取れませんでしたよ。
最後の野球人生を巨人に捧げて下さい♪


というわけで始まった新生(超弱小)巨人軍のスタートです。






…でも、でっかい弱すぎです。
24試合やって、3勝21敗はひどすぎます。



まず投手陣がショボい!
計算できるのは石川投手のみで、ベテラン投手4人は他球団に比べると「いないよりはまし」程度。
でも、それはまだいい方で、残りは雑魚軍団で埋めなければいけないのです。


球威、制球力、球速、変化球、精神力などが最低レベルなのは許せるとしても、基礎体力からしてなっていないのでそこに気をかけないとけが人続出なのです。


とりあえず、先発は石川とベテラン平井(元中日)の2人を中3日で登板させて、3人の弱小投手をその2人の間に挟んで先発4枚体制で唯一太刀打ちできる石川をなるべくフル回転させます。
(実際勝てた3試合は全て石川投手が先発)


リリーフはベテラン選手3人と、弱小投手6人でなんとか…、と思ったら、よりにもよって広島から来た玉木がけがで離脱



野手の方も目が当てられません。
まず打線は3番城島、4番柳屋というところまでは問題ないのですが、他が弱すぎ
現実と違いまして、江藤や川中、城石、緒方などの選手は衰えが早く、クリーンナップを任せられるどころか、8番に抜擢するのもまずいだろうという状態です。

とりあえず、1番川中、2番城石、5番江藤、6番緒方というふうにしましたが、打線が全くつながりません。
第一3割打てるのが2人だけで、後は1割5分~2割2分程度なんですからつながらなくて当然。
基本的に1試合で取れる点数はせいぜい2点が限界。
0点完封負けという試合もしばしば。



守備も同じことで、安心できるのが城島が守るキャッチャーのポジションのみ。
あとは見事なまでに穴だらけです。
外野手にコンバートしたばかりの柳屋は、なにせ「ばかり」なので目下守備練習に全力を投じさせております。
その柳屋より守備が上手いのが、ドラフトで取ったばかりの大塚。
こちらも打撃より守備練習に熱中してもらいます。
肝心の二遊間は実際に試合を見ていると涙が出てくるほどです。
フィールディングがあまりにも悪すぎます。
捕球から送球までにかかる時間が長くていつも焦ります。



とりあえずこんな感じで4月が終わりました。
5月からは穴が空きすぎている一塁に(いないよりはマシ程度の)外国人選手を獲得して、6番を打たせます。
その補強のためか、5月最初の試合でいきなり8点取れました。





…12点取られて負けましたが。



こんなチームを率いて5年以内に日本一となれるのかでっかい怪しいですが、再度挑戦してみたいと思います。







2006-04-12(Wed) 23:59| 駄文| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://senpre.blog46.fc2.com/tb.php/103-e3d0c977
admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング