本日   昨日

CALENDER

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

COUNTER

ARCHIVES

SEARCH

YAWARAKA SENSHA

FINAL FANTASY XI

Profile

PROFILE

黒いチューリップ

Author:黒いチューリップ
猫好き、無駄好き、旅行好き。

石川県金沢市よりちょと北にあるかほく市在住。

最近やってるゲームはもっぱらFFXI。
意外と野球好きで、根っからの巨人ファン。
あと、軍事情報には何故か詳しい。
そして歳の割には何故かヤマトファン。

一応発達障害でもあったりします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

A.C.E.2

ムービーを某家電量販店で見ました。

ムービーだけを見たらやけに面白そうですね~。

まあ、その中で気になったのはナデシコとGガンダムと0083とマクロス辺り?

なんとなく欲しいっす。

しかし、ムービーでちょっと突っ込みたいところが。

多数の作品がごちゃまぜみたいなので機体と母艦が違うのはまあよしとしましょう。

し・か・し、

ゴッドガンダムの登場シーンで、






「アルビオンの艦橋の上にあのポーズで立つのはやめて。」






シナプス艦長をはじめとするブリッジクルーが慌てる姿がでっかい目に浮かびます





誰かあのバカを止めてこい!!



とか?





まあ、かっこいいのもでっかい分かるんですが。



あと、



「ゴッドスラッシュタイフーン」って何?



・・・お腹すいた。




スポンサーサイト

2006-03-31(Fri) 16:54| 駄文| トラックバック 0| コメント 0

おもろいな~☆

今日の高校野球はみんなおもろかったな~☆

第1試合は智弁和歌山に5点差を付けられた岐阜城北が追いついて勝ち越して10-7と逆転勝利。

第2試合は横浜-八重山商工で、こちらも7-0と大差を付けられたにも関わらず、ホームランで1点を返したあと、8回には6連打で一挙5点を返して7-6とまで追い詰めたんですが、あと1本が出ず、横浜が勝ち進みました。

そして、特に凄かったのは第3試合の早稲田実業-関西の試合でした。
7-4と早稲田がリードして迎えた9回裏、関西が0死満塁から、一気にタイムリースリーベースで同点に追いついた上、サヨナラの絶好のチャンスを迎えました。
が、早稲田は満塁策を取って一か八かの勝負。
次のバッターをピッチャーゴロに抑えて1・2・3のダブルプレーに仕留めて、理想的な守備を見せてくれました。

その後延長に入りましたが、スコアボードには0が並びまして、延長15回にて引き分け再試合となりました。

早稲田の斉藤(漢字知らんの)投手が231球を投げ切ったのは素晴らしいですね。
しかし、再試合が明日というのはちょっときついのでは?

さて、第4試合はナイターとなりますが、まあ頑張れ。


2006-03-29(Wed) 18:21| 携帯| トラックバック 0| コメント 0

とやまにゅーす000

えっと、大会2日目の第3試合に、沖縄の八重山商工が出まして、見事初戦を突破しました。

八重山商工は石垣島にある高校で、石垣島出身の生徒を集めた野球部で選抜への出場を果たしたため、私を含めた野球ファンは前々から多分注目していたと思います。

ですから、その八重山商工が初戦を突破したというのは、本来なら喜ぶべきなのですが、負けた相手の高校がお隣富山県の高岡商となると話は別です。



私の場合は基本的に石川県の高校を最優先に応援し、お隣の富山県、福井県の高校がその次に優先で(岐阜県はあまり馴染みがないので除外されます)、その後は特定の高校(今回の場合は八重山商工ですか)、中部地方の高校という順位付けがありまして、挙げた高校がない場合は、両方を応援します。
ただし、特定の嫌いな高校が出た場合は、その相手高校をでっかい応援します。(例えば明徳義塾。松井選手を全打席敬遠した恨みは生涯忘れません。)



その高岡商を応援していたのに…、負けちゃいました………。(泣)


5回の攻撃で逆転した~!と思ったら、セカンドランナーが3塁ベースを踏んでなかったという裁定でその回の攻撃では1点止まり…。

私が見た限りではちゃんと踏んでいたように見えたんですがね?

審判のジャッジに不審を抱くのはWBCのボブ・デービッドソン審判の影響でしょうか?


でも、負けてしまったものは仕方がないです。
今日、金沢桜丘高校が勝利することを祈りましょう。
富山県の方も是非応援してくださいね。





2006-03-27(Mon) 03:58| 駄文| トラックバック 0| コメント 0

いしかわにゅーす009

本当はブログに色々と書きたかったんですが、体調が悪くて携帯からちょこっと送信という日が続いていました。



ですので、動けるときに書けるだけ書いておきたいと思います。




ここでは石川県の路線バスを概ね担っている北陸鉄道についてです。





18日の北國新聞に書かれていたんですが、

「金沢の路線で、実際に乗客を乗せたバスが、乗車口の扉を開けたまま100mの距離を走った」

という記事がありました。

なんでも発車するときに、乗車口付近に乗客がいたためセンサーが働いて扉が閉まらなかったのですが、運転手はそれに気付かず、その事を乗客の方が運転手に知らせてやっと気付いたとのこと。

なんでも、普通は扉が開いたまま発車すると安全装置が働くそうなんですが、その安全装置が切られていたとのことです。

けが人が出なかったからまだ良かったものの、危険なことには変わりなく、北陸信越運輸局から異例の指導を受けました。



実は、これだけで指導を受けるなんて事はないのですが、あまりにも不祥事続きなのです。


ある時は、路線バスが電柱に突っ込んだり、またあるときは運転を終えた路線バスが車両置き場まで回送したものの、車内を点検せずに運転手が去ったため、酔っぱらって寝てしまった女性の乗客を車内に一晩放置させたなど、割と洒落になってないことを起こしてます。

事故の時はバスに電柱がめり込んでましたし、まだ寒い時期に車内に放置したら下手したらとんでもないことになっていた可能性もありました。

放置されていたにもかかわらず一晩寝ていたなんてある意味すごいな…

という不謹慎なことも思いましたが。





その後も不祥事は続き、

高校の新入生152人分の通学定期予約申込書をシュレッダーにかけてスパスパッと切り刻んで廃棄しちゃった事がありました。

なんでもその申込書の束が、発券担当の人が不在のために机の上に置いておかれたんですが、その後発券担当の人が大量の廃棄予定の紙をその机にどさっと置いたために、その紙の束に申込書が紛れ込んでしまい、それに気付かずスパスパッとやってしまったらしいです。



それからそれから、

北陸鉄道浅野川線で24日、内灘駅を発車した普通列車の運転士が、「この列車は急行列車なんだ!」と思い違いをしたために、最初の停車駅である粟ヶ崎駅に停車せずに通過しちゃったということも。

その運転士は、駅を50m過ぎた辺りで「はっ!?これは普通列車だった!」と気付いたものの、ちょうど鉄橋の上を通過中で、停車するのは危険だと判断したために徐行をしつつ、運転司令室に連絡したそうです。

…まあ、確かにあの橋の上で止まるのはお勧めできませんわな。
あの橋の上で止まるのは絶対に嫌です。
お金をもらっても
でっかいお断りです。


通過した駅で降りたり乗ったりする乗客がいなかったので結果的には問題無かったのですが、やっぱり問題ありますわね。


件の運転士さんは、運転始めてまだ1ヶ月の新人さんで、以前(20日)にも、急行列車を「この列車は普通列車なんだ!」と勘違いして、止まらなくてもいい駅に止まっちゃったということがあったそうです。



私は高速バスを除けば北鉄に滅多にお世話にはならないのですが、大惨事を起こす前になんとかしてくださいね♪





あ、そういえば、JR西日本の北陸本線を走っていた普通列車が、明峰駅にオーバーランして止まったってこともありましたっけ。

この時はバックして乗客を乗降させた後に8分遅れで発車しましたが、後続列車には影響しなかったとのことです。

原因は、運転士さんが制動(ブレーキ)をかけるときに何か違うことを考えていたためブレーキ操作が遅れたとのことです。



一体何を考えていたんですか?



まあ、公共交通機関を運営する方々には安全第一でお願いしますね。





ちなみに、私が車を運転するときのタクシーはです。

特に近鉄タクシー

数年前に金沢駅東口の道路で無理矢理割り込んできやがった近鉄タクシーに対する恨みは生涯忘れません。(--#





2006-03-27(Mon) 03:20| 石川県| トラックバック 0| コメント 2

いしかわにゅーす008

石川県志賀町にある志賀原子力発電所2号機が営業運転を開始したのは「いしかわにゅーす006」で伝えた通りですが、その2号機の運転差し止めを、金沢地方裁判所の井戸謙一裁判長が命じました。





「被告(北陸電力)は、志賀原子力発電所2号原子炉を運転してはならない」




















( ゚д゚)










「邑知潟断層帯の活動予測について過小評価している耐震設計に不備があり、大規模地震により許容限度を超える放射線を被曝する危険性がある」










( д ) ゚ ゚










「2号機の運転が差し止められても短期的には電力供給にとって特段の支障となるとは認めがたい」










工エェ(´Д`)ェエ工










正気か!?










まず耐震性について。
原発の耐震基準については昭和56年に作られたものが根本となっています。
まずは、「その原発建設予定の場所で起こりうる最大の地震に対しても耐えられること」
そして、「M6.5クラスの直下型地震が起きても耐えられること」
とされています。

ついでにいえば、
「活断層の上には作らない」
「強固な岩盤上に設置」
「地震(震度5程度以上)を感知した場合、原子炉を自動停止」

地震大国日本に原子力発電所を建てる以上、地震に対しては万全の対策を施さなくてはいけません。
ですので、以上の事を考えた上で建設されているのです。

特に、原発が全部、火力発電所の様に港湾地帯ではなく、地面がごつごつとした岩盤が露出した地域に作られるのはその為です。
たまに、「東京のど真ん中に建ててみろ」とかいうのは、そのようなことを全く無視した無知な方が思いつきで考えることです。
強固な岩盤上の地震の揺れは、普通の地域の揺れより1/2から1/3程度になるため、志賀町や珠洲市(計画は白紙)のような地域が候補に挙がるのです。


問題は耐震基準。
耐震基準というのは曖昧なもので、技術の進歩によって、それまで確認されなかった活断層が発見されたり、阪神大震災のような大地震が起こったりしますので、それに伴って基準は常に変えていかなければなりません。

現に志賀原発の近く(大体15kmほど離れています)にある邑知(おうち)潟断層帯という活断層があり、その活断層が引き起こす地震の最大規模がM7.6と予測されています。

ですが、そういった古い耐震基準を元に作られた原発だから、万一想定以上の地震が起こると深刻な事故が起こると考えるのは素人が考えることです。

これは実際に起こったことですが、宮城県沖で以前非常に大きな地震が起きたことを覚えている方も多いと思います。
あの地震の際、女川原子力発電所(BWR)で、その耐震基準で想定された以上の揺れが観測されました。
しかし、それで原子炉が壊れたとか、放射能が漏れたというニュースが流れましたか?
流れていませんね。
今も普段通り運転を続けています。

実際には耐震基準以上の地震が起こっても耐えられるよう、同じ地震に対する耐震基準でも、普通の建造物に比べて3倍も頑丈に作ってあるのです。
また、志賀原発2号機は改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)という新型の原子炉です。
このタイプは、従来の沸騰水型軽水炉(BWR)が再循環ポンプという部分が原子炉格納容器の外に設置されているのに対し、ABWRは原子炉格納容器に格納されるなどして、さらに安全性、耐震性が向上しています。

それから、原発に関しては、放射能漏れを防ぐため何重もの防護設備があります。
とりあえず一番強力なのは、原子炉格納容器です。コンクリート壁とか、鋼鉄製とか色々あるんですが、志賀原発2号機の場合は、確か約2mのでっかい厚さの鉄筋コンクリートが採用されています。
ちなみにこれは防護の4番目の壁でして、1番目は燃料そのもの。いわゆるペレットと呼ばれる直径約1cmの円柱形に焼き固められた低濃縮ウランです。
2番目はそのペレットを包む燃料棒。
3番目は原子炉を包む壁そのもの。
4番目が原子炉格納容器で、5番目が原子炉建屋となります。

その他にもあるんですが、そのような色々な対策を施してありますので、想定外の地震が起きたら人体に影響があるレベルの放射能漏れが起こることは考えられませんし、ましてやメルトダウンが起こるなんてことは、ぶっちゃけ有り得ません。

この裁判官が言うには、「原子力発電所で重大事故が発生した場合、その影響は極めて広範囲に及ぶ可能性がある。そして、志賀原発2号機において地震が原因で最悪の事故が生じたと想定した場合は、原告らのうち最も遠方の熊本県に居住する者についても、許容限度である年間1ミリシーベルトをはるかに超える被曝の恐れがある」とありますが、その重大事故というのは早い話メルトダウンの事ですよね?
そんな有り得ない事を、一裁判官が想定だけで言っていいんですか?

そんな事を裁判の場で安易に述べること自体危険だと思うんですが?

とりあえず井戸謙一裁判長には、まず能登原子力センターに行って、原子力発電所のお勉強をすることをでっかいお勧めします。

それと、邑知潟断層帯が起こすとされる大地震自体も、予見することが困難なのが現状です。
そういうのを想定して「危険だから止めろ」ということ自体、法を物差しとして判断する裁判官の権限を思い切り逸脱しているように見えてなりません。





続いて電力の供給過剰について。
現状では確かに供給過剰かも知れません。

ただ、「短期的には電力供給にとって特段の支障となるとは認めがたい」という、電力供給自体に関して言及していること自体、疑問が残ります。

以前似たような裁判が志賀原発1号機に対しても行われましたが、その時の「具体的危険性が争点である訴訟の中で、裁判所が原発の必要性を判断すべきでない」とされたのと比べても違いが大きいのが分かります。

そのような発電所が運転停止したときの電力の需給まで、一裁判官が予想できるとは到底思えません。


また、原子力発電所で発電をすること自体に意義があるのでは?

原発の最大の特徴は、地球温暖化につながる二酸化炭素を出さないということです。
今まで火力発電所で発電した分を原子力発電所が代わりに発電することで、その分の火力発電所を止めることが出来、温室効果ガスをその分減らすことが出来るのです。(その分デメリットもありますが、それに関しては後日の記事に書こうと思います)

総電力量を見ると供給過剰だからといって、必要性が無いと考えるのは、よほど地球温暖化を促進して太平洋の島々を水没させたいのでしょうか。

そうでないのだったら、火力発電所の運転差し止めでも命じたらいかがですか?

井戸謙一さん?










ということで、今回の裁判については不当判決と言えるでしょう。









さて、ここまで書くともう1つの問題「原発周辺に住む住民の皆さんの安全」を忘れてないか?ということが思い付きますね。

まず、発電設備全体に言えることですが、人間が作ったものである以上100%というものは有り得ないということです。
火力にしても水力にしても、壊れるときは壊れるのです。
それは原子力発電所でも同じです。不具合が起こるときはあるのです。
ただ、その為に普通の発電所にはない、何重もの安全対策や防護対策が施されているのです。(それも後日の記事に書きます)
そういった対策を施して、限りなく100%に近い安全性を実現させているのです。





ここまで書くと、多分こういう突っ込みが入ることが想像できます。





「なら、実際に原発の近くで住んでみろ。」















いいですよ。
即答(1秒)





ただし、そうなると今の生活を捨てないといけません。
それなりの対価は払ってもらいますよ。
住む場所、居住地が変わることによる利便性の悪化に対する補償、その他諸々の補償。
それが全て保証されるのならいいですよ。





払えるもんなら払ってみいや!





実際には不可能ですが、住むというなら、原子力発電所の建物の横っちょにテント立ててそこで寝ても問題ないんですよ。
原発から出ている放射線量は、自然(宇宙や地上など)から受ける放射線量の1/20以下なんですから。
レントゲンを撮るときに受ける放射線量に比べても1/12以下です。
正確にはもっと少ないんですが。





というわけで、もし罷免できるのであれば、井戸謙一氏を是非罷免したいと思います。





あと、控訴審では差し止め判決の取り消しが言い渡されることを期待しています。










ところでさぁ、原告団の住民の方についてなんですが、そんなに原発が嫌なら、これからあなた達の家に供給される電力量の1/3をカットされても一切文句言えませんね?(全国の総発電量の1/3は原発が占めているのです)
いや、北陸電力の総発電量に対する原発の割合が45%なんだから、45%カットされても絶対文句を言えませんね。
それが嫌ならあなた達は地球温暖化促進賛成派という汚名を着ることになります。
そうでないのでしたら、100万円以上かけて自宅の屋根に太陽光発電パネルを設置するか、風力発電の風車でも設置したらどうですか?
ただ、北陸の冬はあまり太陽が出ないから発電量は伸び悩むし、北陸の冬は落雷が多いから風車はすぐ壊れますよ?
それに冬になると雪が降りますよね。
そうなったら発電なんて出来ませんよ?

あと、原発を設置したことにより町に交付金がおりましたよね?
そのおかげで町の財政が潤って道路などのインフラや色んな公共施設ができたんですよね?

それを国に返しなさい。

出来ないんだったらその道路や設備は一切使わないように。





で、原告団のなんとかという団体ですか。
これは他の人から聞いたのでよく知らないんですが、こういう団体ってほとんどが共産党の息がかかっているんですよね。
国会でもあらゆる法案に対してほとんど反対する全然確かでない野党、共産党
もっともなことを言っているように聞こえますが、実際には反対するだけで全く実行力がない政党ですからね。
その事をしっかりと念頭に置いてくださいね。










あと最後に1つ。


邑知潟断層帯についてですが、長さが約44kmあるとされています。
その断層帯は北は七尾市、南はかほく市まで達しています。

ということは???



家、やばいじゃん!

(○□○|||




原発は断層から15km以上離れていますが、家は断層から2kmあるかないかじゃないですか!!!



そっちの方がずっと恐いわ!




...read more

2006-03-26(Sun) 23:53| 石川県| トラックバック 0| コメント 0

なんですと!?

志賀原発2号機の運転差し止め判決だぁ!?

驚くというより呆れてものが言えないんですが。

詳しくは次の「いしかわにゅーす」にてみっちりと取り上げます。

さて、ちまたでは(?)スティックポスターが発売されたようですね。

ふむ、七尾奈留さんはタマ姉イラストですかぁ。
ちょっと意外です。

さてさて、ちまたでは(??)高校野球が話題ですが、特に石垣島にある八重山商工というところが注目を集めているようですね。
私も前々から注目はしていたんですが、これだけはひとつ言わせて?

「時々でいいから、負けていった相手高校のことも考えて下さい。」

これも後日取り上げます。

さてさてさて、ちまたからそろそろ忘れ去られそうな民主党の永田氏ですが、なんかようやく情報仲介者の名前がでましたね。
えっと、「何とか孝」氏。(忘れた・・・)
証人喚問は当然でしょうが、それよりも永田氏ですよ。

「ここまで騒がせて、国会を混乱させたにもかかわらず、まだ辞職しないつもりですか?」

こないだ辞職勧告を受けた元民主党の議員も勧告に応じないらしいですし、どこまで議員としての道徳観があるのかでっかい疑問です。




2006-03-25(Sat) 01:24| 携帯| トラックバック 1| コメント 0

まちうけ、ちゃくめろ

皆さんの携帯は普段どのような待ち受け画面で、着信音はどのようなものを使っていますか?

私は着信音に関してはもう3年以上は同じものを使っています。

はい、唯一のセンプレファンサイトという難儀なサイトを立ち上げているだけあって、当然のことながら主題歌「風のささやき」を、耳コピで自作した着メロを使っております。
曲名がまだ(仮)の時からですから、こんなのを使っているのは世界で私だけという無駄な自信を持っています。

しかも、小癪なことに和音ですよ!
とても携帯のツールで作ったものとは思えません。(笑)

まあ、最後の方はボロが出ているんですが。

この携帯がある限り使い続けるのでしょう。

さて、待ち受け画面についてはそんなにもの持ちはよくありません。
今のにしたのはたった2年前かな?(おい)
前はココロ図書館のこころんだったんですが、今はCanvas2のエリりんですね。
しかも、例のベッドに潜り込んでますCG。
「・・おはよう~、お兄ちゃん~・・」というやつ。

2年間もよくこれでいられたなと今になって思いますが、これも気に入っているので多分変えないでしょう。

物持ちがいいのは幸せです、ね?


2006-03-23(Thu) 01:16| 携帯| トラックバック 0| コメント 0

せかいいち!

10-6!

ついに日本が世界を制しました!

一時は終わったと思っていたこの大会で、優勝することができるとはすごいことですね。

選手皆さんの力があってこそだとも思いますが、時の運も味方してくれたんでしょうね。

特にメキシコ!

メキシコがアメリカを下してくれたからこそ今の日本の栄冠があるんです。

アメリカ戦の前日に、「ユニフォーム姿でディズニーランドを満喫していた」ということも美談になりますね。(笑)

当分メキシコに足を向けて寝られません。

つか、足を向けて寝ようと思ったら、立って寝ないといけないわけですが。

とにかく優勝できてなによりです!

日本野球界に新たな歴史を刻みましたね。

これからしばらくは「メキシコさんありがとうキャンペーン」を展開致しましょう!




2006-03-21(Tue) 15:18| 携帯| トラックバック 0| コメント 0

とちゅうけいか

WBC決勝戦の途中経過です。

現在、5回表の日本の攻撃が終わった時点で6-1と日本が5点リードしております。

いい調子ですね。

このまま油断しないように攻守ともにどんどん攻めていって欲しいところです。


5回裏のキューバの攻撃からは、松坂に変えて渡辺俊介が2番手として登板しております。

キューバ打線は、松坂のような直球を主体とした投手より、アンダースローで投げる渡辺のような投手を苦手としているそうです。



頑張れ。





2006-03-21(Tue) 13:13| 駄文| トラックバック 0| コメント 3

いしかわにゅーす007

かねてより取り上げていた石川県知事選挙が昨日行われました。





もう公選法の制約は受けませんので書きますと、現職の谷本知事に1票を投じました。

19:55頃に。



投票を終えて家に帰ってきてから劇的!ビフォーアフター!を見ながら夕ご飯の準備を始めてさて食べましょうかと思った20:10過ぎ。










♪ピーピッピッピッ♪ピピピ♪ピーピッピッピッ♪ピピピ♪










と、お馴染みのニュース速報が流れてきました。















石川県知事選挙で、谷本正憲氏(無・現)が当選確実










早っ!!!(○□○|||










まだ能登の一部を除けばようやく投票が終わったばかりですよ?











逆に言えば、それだけやる前から結果が分かっていたようなものですね。









やる前から結果が分かっていただけあって、今回の投票率は、前回過去最低を更新した43.16%をさらに下回った40.10%という惨憺たる有様。





3月19日に引っ掛けてみんないくというキャッチフレーズを掲げていたにもかかわらず、結局でっかいみんな行きませんでした。










………さて、件の供託金について。

相手候補の共産党が推薦していた木村候補の得票率ですが、64019票意外にも善戦して17.4%に達しました。



よって、供託金の没収はありません。





もしも、谷本知事の当選は間違いないと考えて投票しなかった人が投票に行ったと仮定した場合、最低でも投票率が68.21%以上にならないと得票率が10%を切らないという結果になりました。









さて、基本的に全市町(石川県にはもうがないのです)で谷本知事が得票で上回った今回の選挙。
木村候補が善戦した地域というのが私が見た限り2つありました。



まずは羽咋市。
ここは木村氏の地元だそうで、それなりに票が伸びました。


もう一つは能登半島の先端、珠洲市。
ここの票が伸びた理由は詳しくは知りませんが、おそらくは谷本知事の県政に対する不満が一番多かったからではないでしょうか?

まずは、珠洲原発の計画が凍結したことにより、市の振興策が立ち行かなくなったことが1つ。

もう1つは、のと鉄道能登線が廃止されたことにより、公共交通機関の利便性が以前よりも更に低くなり、生活上で不便な面が出ていることと、過疎化に拍車がかかりつつあることがあるからではないでしょうか?



こういうことが素人ながら読みとることが出来ました。





………それでも、共産党にまかせるよりはマシというのが圧倒的ではなかったかと思います。



これが、もっとしっかりとした新人候補が立候補していたら、投票率が上がって面白い選挙になっていたかもしれません。





というわけで、今回のいしかわにゅーすは以上です。




路線バスが扉を開けたまま100m暴走した等といったニュースは後日気が向きましたら取り上げたいと思います。





2006-03-20(Mon) 01:41| 石川県| トラックバック 0| コメント 0

3ばいがえし

まずは日本代表の決勝進出を祝いましょう!





7回の猛攻は生中継で見ていましたが、今までのもやもやを吹っ飛ばしてくれたそんな感じですね。










試合の中継中に、おそらく日本の応援団と思われる人がピンク色の紙かパネルに、3倍返しと書いて持っていたのを見つけました。

1次予選でも2次予選でも1点差でそれぞれ負けているので合わせて2点差。
で、今回の準決勝を6点差の大差で勝ちましたので、そういう観点から見れば、ちゃんと3倍返しが出来ましたね♪





それにしても、その後の韓国の人に対するインタビューを見て唖然としたんですが。





「この恨みはワールドカップで晴らします」





…あの、今回は日本が2回負けた恨みを、今回の試合で晴らしたんですけど?



それを言うなら、こちらこそまだ1回負けた分の恨みは晴らしていませんことよ?










第一、違う競技で恨みを晴らしてどうする、おまえ。










それにしても、2次予選で韓国の方々は色々と言いたい放題でしたよね~?










2回勝ったくらいでは気が済まない



とか、






100回戦っても勝つ自信があるよ!





等々…。





口は災いの元。



思い上がりはよろしくありませんことよ?










最後に準決勝で負けた韓国の人のインタビューをもう1つ。





日本は運が良かっただけだ。でなければ韓国が勝っていたよ。





まず、運も実力の内。

それに本当の実力がないと、運だけでは勝てないものですよ?











でっかい負け犬の遠吠えです。





とりあえず、決勝のキューバ戦でもいい試合をしてこの第1回大会を日本の優勝で締めくくってくださいませ。




でっかい応援しています。







2006-03-20(Mon) 01:01| 駄文| トラックバック 0| コメント 0

すぱむめーる02

これってある程度経つと同じタイトルばかりでネタ切れになりそうですね。



まあいいや、行ってみましょう。










今時間平気ですか?





でっかい平気じゃありません。










奇跡がおきました





そうですか、良かったですね。










連絡してください





やなこった。










1件の未読メッセージがあります





64件の未読メッセージがあります。





………ごみ箱に。











招待条をお送りさせて頂きました。SNSリニューアルです





小学1年生の漢字ドリルから順番に買ってきてお勉強をして下さい。










裏話し。





日本昔ばなし。










こんにちわ人類





さようなら人類










むかついて送ちゃってます





そんなもんを送ってくるな。勝手に1人でむかついてなさい。


あと、あなたの日本語は大丈夫かな?











詳しくは





知る由もありません。










①タイトル:春だから





……………だから?










お願いできませんか?





でっかいお断りです。










教えて貰えませんか?





でっかいお断りです。










貴方にお願いしたい事があるんです。絶対に約束はやぶりません、





でっかいお断りです。










これではっきりするから、絶対にわかるから聞いてください





でっかいお断りです。










秘密にしてください。





でっかいお断りです。










すべて本当です。





ぜったい嘘です。










最寄の駅はどこなんですか?





横山駅です。




















こんなところですかね。
一応質問口調の突っ込みを減らしてみましたが、いかがなものでしょうか?





2006-03-19(Sun) 04:39| 駄文| トラックバック 0| コメント 0

うそつき…

先日NHKにて放送された「その時、歴史が動いた」で、零戦に関して扱っていました。



まず、個人的こだわりとして突っ込んでおきたいのは、「零戦」の読みについて、





「ぜろせん」じゃねえ!「れいせん」だ!間違えるな!!





正式名称は「零式艦上戦闘機」だから縮めて「零戦(れいせん)」なんですヨ!





零戦パイロットの一部にも「ぜろせん」と呼んでいた人がいたらしいですが、無視。





米軍から「ゼロ」と呼ばれていたのですが、もう一つ、軍としての識別名称(コードネーム)として、「ジーク」という名前が付けられていました。

ちなみに、同じ艦載機として搭載された99式艦上爆撃機は「ヴァル」、97式艦上攻撃機は「ケイト」という名前です。



脱線しますと陸軍の九七式戦闘機は「ネイト」、一式戦闘機「隼」は「オスカー」、二式単座戦闘機「鍾馗」は「トージョー」
時の総理大臣東条英機から名前が取られました。
二式複座戦闘機「屠龍」は「ニック」、三式戦闘機「飛燕」が「トニー」、四式戦闘機「疾風」が「フランク」、飛燕の機体に、稼働率が低い液冷エンジンを、空冷エンジンに換装した五式戦闘機も何故か「トニー」と呼ばれてました。
機体が同じだというのに気付いていたんでしょうか?
その割には………。
まあ、これは後ほど。

海軍戦闘機に戻りますと、96式艦上戦闘機が「クロード」、雷電が「ジャック」、強風が「レックス」、紫電と紫電改が「ジョージ」、月光が「アーヴィン」とまあこんな感じ。

これを見ますと戦闘機のコードネームには男性の名前が主に使われています。
…ということは?


今度は海軍機から。
マニアックな96式艦上爆撃機は「スージー」、96式艦上攻撃機は「ジェーン」、96式陸上攻撃機が「ネル」、97式飛行艇が「メイビス」、零式水上偵察機が「ジェーク」、零式水上観測機が「ピート」、1式陸上攻撃機が「ベティ」、彗星や2式艦偵が「ジュディ」、2式飛行艇は「エミリー」、天山が「ジル」、深山は「リズ」、銀河が「フランシス」、流星が「グレース」、彩雲は「マート」、連山だと「リタ」
海軍機だと大体こんだけ。



陸軍機行きまふ。

97式軽爆撃機は「アン」、98式軽爆撃機が「メアリー」、99式軽爆撃機(99双軽?)が「リリー」、99式襲撃機は「ソニア」、97式重爆撃機だと「サリー」、百式重爆撃機「呑龍」は「ヘレン」、4式重爆撃機「飛龍」が「ペギー」、百式司令部偵察機が「ダイナ」
等々です~。



まだあるんですがキリがないので打ち止めです。



以上、爆撃機、攻撃機には女性の名前をコードネームとして使っていたようです。










………零戦に戻ります。




零戦の特徴からまず挙げますと、長所としてはその軽量な機体を生かした機動性能が最大の特徴で、格闘戦(ドッグファイト)に引き込んだらまず負けることはありません。

また、搭載された20mm機銃による攻撃力。銃弾には炸薬が仕込まれていまして、1発でもあたれば重装甲の爆撃機であっても撃墜できる火力があります。

他にはやはり軽量の為に離陸時の滑走距離が短くて済み、上昇力も優秀。
最高速度も当時の他国の戦闘機に引けを取りませんでした。
さらに、単座機としては世界水準を遥かに超絶していた航続能力も忘れることは出来ません。
台湾からフィリピンまで行って空戦をした後に帰ってこられるという日本軍以外では想定もされていない能力を誇り、当時の米軍からは近くに空母があるのではないかという疑念を抱かせたほどです。



一方で短所も多く、あまりにも機体の軽量化を追求したために、防御に関しては全く考えられておらず、パイロットを守る防弾装甲はなく、長大な航続距離を支えるため燃料タンクが主翼の中にまであり、被弾に弱く、小口径の銃弾を受けても撃墜されてしまう脆弱性が一つ。

また、同じく軽量化のために機体強度が弱く、急降下をする際の制限速度が低いということです。
下手に急降下をかけようものなら、主翼にしわがより、空中分解する可能性もありました。

更に、軽量化を図るために構造材にわざわざ穴を開けて重量を軽くするという事までやっていました。その為に機体強度が弱かったのです。

ちなみにこの軽量化のために開けた穴自体が、製造上の工数(仕事量)を増やしていたために量産には向かないものでした。
技術者の人達は、この穴のことを「バカ穴」と呼んでいたそうです。

攻撃力の要であった20mm機銃にも問題があり、まず弾数が少なく、撃ちっ放しにするとすぐに弾切れを起こすだけでなく、性能にも問題があり、初速が遅いために弾道性能が悪く、弾が真っ直ぐ進まず重力に負けてカーブしてしまいました。
これはあまり書きたくないんですが、パイロットの間ではションベン弾と呼ばれていたそうです。



太平洋戦争ではその長所を生かして連合軍の戦闘機乗りを恐れさせました。
しかし、次第にその短所が分かるにつれて対処方法が考え出されていき、当初の優勢が少しずつ薄れていきました。





ところで、この零戦ですが戦争中も改良が続けられていきました。
最初に使われていたのが21型と呼ばれるタイプです。
この「2」は機体の形式(改修巡)を、「1」はエンジンの変更回数を表しています。
その前の11型は、空母に搭載されることを考慮されていない開発段階の機体で、主に中国戦線で使われていました。
21型で、主翼の先端折りたたみ機構が追加されて、初めて空母での運用が出来るようになりました。



続いて出てきたのが32型と言われる機体ですが、これが駄作機で、零戦の主任開発者が病気で動けないところに海軍が勝手に改良しちゃったよ、というもので、どちらかというと改悪といえるものでした。

まず、主翼の折りたたみ機構が運用上煩雑だとして、翼端を切り落とした形にしました。
その際技術者からは空力学上問題だとして翼端の成形(丸い翼端にしたかった)が主張されていたのですが、無視されて、本当に切り落としたような角張った翼になったのです。
その為に見た目が変わり、連合軍からは全く別の新型機と認識され、「ハンプ」という新しいコードネームを付けさせたという逸話が残っております。

続いてエンジンを新型に換装したのですが、エンジンが大きくなったために機体内の燃料タンクスペースを圧迫。
また、新型エンジンの燃費の悪さのため、持ち味の航続距離が大幅にダウン。
しかも、期待されていた最高速度も、21型の533km/hから544km/hと、わずか11km/hしか向上しませんでした。

零戦ネックの急降下制限速度は向上したものの、やはり零戦持ち味の旋回性能が落ちてしまいました。


そういった改悪にもかかわらず量産に移されましたが、前線のパイロットからは不満の声が続出。
早くも本土の訓練部隊に回されるなど、性能にそくした活躍しかしませんでした。



32型があまりにも惨憺たる結果に終わったために、急いで航続距離を延ばした改修型の開発が指示され、22型と名付けられました。

まず主翼の翼端の折りたたみ機構を復活させて主翼の長さを元に戻した上で、燃料タンクを更に増やされました。

本来なら4回目の形式なので42型となるのですが、しに(死に)という、ドラゴンクエストの状態表示のような縁起の悪い名前になってしまうとして、機体は前と似たようなものだから22型ということにしちゃえばいいじゃん。
ということで、22型となりました。

改修した結果、速度性能が540km/hと4km/h低下したものの、航続距離は21型ほどではないにしろ改善され、運動性能の回復も相まって、総合能力は21型、32型より上がりました。

結果として、32型の主翼改修案は失敗だったという証明にもなりました。

しかし、その時期にもなると米軍機の性能向上や、パイロットの戦法が(格闘戦から一撃離脱戦へ)変わり、開戦当初の優勢は維持できなくなっていました。



そうした戦況の悪化のため、さらなる改修機の開発が指示されます。
それが今回のタイトル「うそつき…」と言いたい52型です。

エンジン自体はその段階では出力の大きいものには換えられなかったので、機体の空力性能を洗練することによって性能向上を図りました。

まず、32型のように翼端を切り落とし、再び主翼幅を11mとします。
ただし、今回は翼端を丸形に成形して空力的なロスを抑えました。
翼端を切り落としたため、急降下制限速度が32型と同じ667km/hに向上。

そして、これまではエンジンの排気を集合排気管から排気していたものを、エンジンのカウリングという部分11ヶ所に「推力式単排気管」というものに変更し、エンジンの排気を推力に変えるというロケット推進効果による速度の向上を狙いました。

実際、そうした改修の結果、最高速度が565km/hと大幅に向上。

一方で旋回性能や航続距離が低下(32型よりも)しましたが、これらの性能は、戦局には大した影響を与えませんでした。















そして皆さん、いよいよ、今回のその時がやってまいりました。















「その時、歴史が動いた」では、この52型について、

「攻撃力:向上  防弾性能:なし」

と説明されていました。
















( ゚д゚)




















( д ) ゚ ゚




















工エェ(´Д`)ェエ工




















ちょっとちょっと、NHKさん?
防弾性能が「無し」ってどういうことですか?



52型にはまがりなりにも防弾性能が付加されていたんですよ???



今まで全くの無防備で、弱点の一つとされた主翼内の燃料タンクについて、自動消火装置が設けられたんですよ?


そして、マリアナ沖海戦の前に登場した52型乙では、風防正面に45mm厚の防弾ガラスが追加されているんですよ?





いくら些細な防弾装備だとはいっても、「無し」というのはひどいんじゃありませんか?










せめて、「防弾性能:ほとんどなし」というふうにしてくださいよ~。




















…………うそつき。






...read more

2006-03-18(Sat) 23:59| 軍事| トラックバック 0| コメント 0

ぶらんく

最近「太平洋戦記2」ばかりやっていていたのですが、久しぶりにバイオハザード4の続きをやってみました。



レベルはノーマル。
相手は村人ですが、






全回復アイテムいきなり使い切った…。





いくらなんでもやられすぎ。
その割に3連コンボはしっかり決めている辺り、根性は見せました。
でも、やっぱり………、










ブシャアァァァァーーッ!!!










となって焦りましたが。





うん、まだ死んでない、大丈夫。










……………たぶん。





2006-03-17(Fri) 23:59| バイオハザード4| トラックバック 0| コメント 0

うわ…

第一航空艦隊を散々暴れさせた後にクェゼリンに戻して補給をしようと思ったら、本土から運んできた35000tの燃料を持ってしてもまだ足りないであります!!


トラック環礁に6万tほどあるので、そこで補給を完了させますか…。




空母機動艦隊の恐ろしさを別の意味で思い知らされました…。


17隻ある駆逐艦を少し減らそうかな…。

...read more

2006-03-16(Thu) 23:59| 太平洋戦記2| トラックバック 0| コメント 0

いしかわにゅーす006

まずは、以前「いしかわにゅーす001」で紹介したつば吐き男についてです。



昨日14日に略式起訴され、小松簡易裁判所から罰金10万円の支払いを命じたそうです。


刑が重いのか軽いのか分かりませんが、これで反省してくれるようならばそれでいいんですが。





続いて、13日から14日にかけて石川県に雪が降って軽く積もったんですが、13日9時から14日17時までの間に、県内で57件のスリップ事故が起きたそうです。
それで10人ほどが重軽傷を負ったとか。

で、内5件ほどは普通タイヤ車の事故だったそうです。



だから雪道を普通タイヤで走るなよ…。

今日はその雪も止んでいいお天気でしたが、その為か早くもタイヤ交換を始めている人がいるそうな。


……甘いな。
3月いっぱいは冬タイヤをつけておくのは基本でしょう?

せいぜい他のドライバーにだけは迷惑をかけないようにして下さいね。





続いては割と奇跡っぽい事件です。
昨日の13時半頃、金沢市の市道で66歳の主婦が運転する軽トラが、10mの崖下に転落してしまったそうです。

しかし、主婦は首に軽傷を負っただけで済んだそうです。

これも積雪によるスリップ事故で、ガードレールがないところだったらしく転落してしまったそうなんですが、崖下がちょうど竹藪で、落ちた際の衝撃を和らげてくれたために軽傷で済んだみたいです。

とりあえず大事に至らず(これでも十分大事ですかね)よかったですね~。


ただ、写真の軽トラも原型をとどめていますが、そのあと修理して乗り続けることが出来るのかが微妙に心配です





最後に、今日志賀町にある志賀原子力発電所2号機が営業運転を開始しました。
確か当初の予定では平成17年の予定だったと記憶していますのでちょぴっと遅れましたが、これくらいは誤差の範囲でしょう。
志賀原発2号機は、改良型沸騰水型軽水炉(改良型BWR)という形式の原発で、定格出力は135万8千kWと、日本では2番目の規模を誇る発電所です。
(ちなみに1番は静岡県浜岡原発5号機の138万kW、3番は柏崎刈羽原発6号機と7号機の135万6千kW。いずれも改良型沸騰水型軽水炉)

これで北陸電力の発電能力が20%上がると共に、総発電量に占める原子力発電の割合が19%から45%までになるそうです。



地球温暖化が世界的な問題になっている今日、温室効果ガスを一切出さない原発の役割が一層高まってきていますね。

特に、ろくな資源を産出せず主に中東産の原油にエネルギーを頼る日本としては、原発によるエネルギー政策は重要ですので、安全性を第一に進めてほしいものです。



原子力発電につきましては、そのうち改めて別の記事を書きます。





2006-03-15(Wed) 23:55| 石川県| トラックバック 0| コメント 0

すぱむめーる01

うう…、頭が痛くなってきた………。
それプラス、昨日は2食しか食べてないのでカロリー不足。
お腹空いた……………。



一番近いコンビニまで2km以上もあるってどういう事よ!?
歩いて片道30分ですよ!?

昔は家から700mくらいのところにローソンがあったのに無くなってしまいました。
今は一番近くのローソンが津幡町か内灘町ですよ。





では、スパムメールにまたちょっと突っ込んでみたいと思います。










ありがとうございました





どういたしまして。










装いも新たに本日オープン





それはまあ、おめでとうございます。

私には一切関係御座いませんが。











奈緒美様:直接連絡も可能です。





………それ以前に「奈緒美」って誰よ?









はりせんスパンキングっ!!※良い音研究クラブからのお知らせです。





そんな変わったクラブがあるなんて世の中広いのね………。

つか、ハリセンってテレビでしか見たこと無いんですが。











ついにこの時が来てしまいました





なんか悲壮感が漂いますね。
地球が滅亡でもするんですか?











美穂です。





そんな人知りません。










春かも!





いや、家の周りを見てみろよ。一面銀世界じゃないか。
まだ冬なんだよ。それが分からぬ貴様ではあるまい!











覚えてる?





忘れました。










Check out our newly expanded Minor League Shop





ハハハ!ワタシドイツゴワカリマセ~ン!










………あ、これスパムじゃないや。

「MLB.com Shop」からのお知らせメールだわ。



使う気が無いから放置してますが。










(差出人)阿部





巨人のキャッチャーですか?





…まあ、こんな所ですね。



突っ込みに「?」が付くのはあまり面白くないかもしれませんね。

次の検討課題だ。





2006-03-15(Wed) 04:36| 駄文| トラックバック 0| コメント 0

おとぎらい、ひかりぎらい

以前の記事に書きましたが、私は頭痛持ちです。



その影響があるのかないのかは分かりませんが、私は強い「」と「」が苦手です。





それを一番分かりやすい例で挙げるとがいいかと思います。


石川県は一番地震が少ないところなのですが、代わりに雷が一番多いところでもあるのです。

特に冬。
去年の12月はもう地獄でしたよ…。(涙)



よく、「地震火事オヤジ」といいますが、私の場合、「火事オヤジ地震」なのです。



というわけで、雷が一番苦手です。





の例を他に挙げますと、人混みやにぎやかなお店、暴走車が代表例です。



人混みは可能な限り避けたいです。
ですから、本当はコミケなんかは避けなければならないイベントだったりします。
また、秋葉原や日本橋も同じくですよね。

自分が苦手なところに進んで行って、勝手に自爆しているわけです。

暴走車は自動車とバイクに分かれますが、そういうのが家のそばを通ったらそれぞれこう思います。





自動車……………



まきびし巻いたろか!!





バイク……………



首切りワイヤーを仕掛けて差し上げましょうか♪





続いては
これの代表例は、車の夜間運転、照明が明るいお店などでしょうか。

夜間運転は対向車の前照灯が一番嫌で、特に意味無くフォグランプを点けている車や、前照灯をフォグランプ並の明るいものに換えているものや、黄色の前照灯も苦手です。

で、頭に来るのがハイビーム
これはすぐに下げるのならいいのですが、そのまま走ってきやがる奴がたまにいますので、そういう車には必ずパッシングします。

それで下げないようなら今度は長めにパッシング。

それでも下げない大馬鹿野郎には通過する直前で、こちらもハイビームにして目くらましを喰らわせます。

こちらは体調に関わっているのでとにかく必死です。


あ、あと最近の車に多いんですが、発光ダイオードを使ったブレーキランプ。あれがとにかく眩しいのです。
あんなのを車に採用するなよ。



けっこらすぞ!!
(金沢弁)





照明が明るい店、というのもありますよね。
中だけじゃなくて、パチンコ屋などに多い外の照明なんかも。
今は潰れて違うところが経営していますが、国道8号線を自宅(能登、富山方面)に帰る時に、金沢東I.C.近くにあったパチンコ屋。
千木という交差点の手前なんですけど、ものすごい光量の照明を使ったパチンコ屋がありまして、その時はもう、



「第14普通科連隊に忍び込んでパンツァーファウスト3(携帯対戦車ロケット弾)をかっぱらって撃ち込んでやろうか、おんどれ!!」



などと49%本気で思っていたほどです。





店内が異常に明るい店なんかもありますよね。
別に普通の光量で充分なのに電気代がもったいないし、第一うざったいんですよ。
その上に人がいっぱいいて、店内放送をガンガンにかけているところなんかに行こうものなら、ストレスゲージが仮装大賞のステージ右にある得点バーのようにうなぎ登りです。





趣味の旅行に行くときは、列車を標準交通手段として使っているんですが(特に鈍行)、あれって照明と走行音、人混みと苦手なものがしっかり揃っているんですよね。



テレビもそういった点ではが両方襲ってきますので、本当はあまり見ない方が良いのかも。

家の茶の間にはボリュームが0~100まで設定できるテレビがあるのですが、私の標準音量は、NHKで「40」、民放で「36」なのですが、両親がボリュームをよく上げるんですよ。
「44」でも結構うるさいのに、大河ドラマの時なんかになると「56」まで上げられたりするんですよ?
ここまで来たらもう耐えられません。
リモコンを奪ってボリュームを落とします。

いくらもう歳だからとはいえ、これだけは譲れません。

こういうわけで、我が家では毎日チャンネル争いならぬ、ボリューム争いが地道に繰り広げられているのです。

このボリューム、頭痛が起きているときでは更に下げます。
状態によっては「28~32」まで下げたり、テレビの電源を切ったりします。


光については、省エネモードがあるものはそれを使って、無いものは明るさ設定を使って意図的に暗めにしています。





……………あ~~~~~、自分で書いてて今気付きましたけど、私にとってテレビは天敵なんですか?







ゲームをするときは、嫌でもその音と光に集中しなければならないわけなので、ゲームをしてストレス発散と考えていたのは間違いで、逆にストレスを溜めていたんですね。



でも好きだからなぁ……。



パソコンは主に光がネックですか。





このブログを書いている人は、頭痛持ちにも関わらず、自分で勝手に頭痛の原因を溜め込んで頭を痛くしているおバカさんなのです。



そういう観点から見れば、もう一つの趣味である漫画や小説などの本を読むというのは、ストレスにならないから、こちらは性にあっているという訳なんですね。





私はもう少しきちんと自分を見直す必要がでっかいあるようです。





2006-03-14(Tue) 23:59| 駄文| トラックバック 0| コメント 0

1941ねん12がつ

というわけで(?)、太平洋戦記2のプレイ日記です。

プレイ方針は「たいへいようせんき2」に書きましたので割愛します。





1941年12月8日(第3ターン)



まずはセオリー通り真珠湾攻撃です。



ただ、セオリーと違うところは、

零戦21型→飛行場
99式艦爆→駆逐艦
97式艦攻→戦艦


ということで、艦爆に駆逐艦を狙わせたところです。
理由は後ほど。

戦艦はオクラホマとネバダが史実通り、ペンシルバニアとメリーランドは史実に反して撃沈。
駆逐艦は在泊25隻中18隻を撃沈、1隻大破、
他には目標を誤った艦爆隊がタンカー2隻を撃沈しました。
テネシーとウェストバージニアは中破止まりでした。

攻撃を終えた第一航空艦隊は史実と反してミッドウェイの南方をすり抜けるように退避。
(史実ではミッドウェイの哨戒圏を避けるようにかなり北側を迂回して日本本土に帰投しました。)



続きましてはフィリピンのクラークフィールド飛行場(マニラ)を空爆。
敵の爆撃機の破壊を目論みます。(半分残ったけど)



そして、史実に反して、出撃する前のイギリス東洋艦隊を、シンガポール在泊中に襲撃して、戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルス、駆逐艦1隻を撃沈。

東洋艦隊の脅威が無くなったことを受けて、第二艦隊がマレー半島の上陸地点コタバルに向けて艦砲射撃。
同時に陸軍爆撃隊が爆撃した上で、南遣艦隊が陸軍第25軍(第5、18師団)を上陸。
兵力差を見た英軍は北方のメルギーに撤退。第25軍はコタバルを無血占領。


メルギーは、同盟を結んだばかりのタイのサイヨクと、占領したコタバルの間になり、撤退した部隊は孤立したわけですが、逆に言うとマレー半島を進撃する際の目の上のたんこぶとなりますので、先にこちらを包囲殲滅することになります。



一方、退避した第一航空艦隊を追撃すべく、アメリカ太平洋艦隊の残存艦(戦艦アリゾナ、カリフォルニア、重巡2、軽巡6、駆逐艦6)が真珠湾を出撃!

し・か・し、そこに待ちかまえていたのは日本の潜水艦21隻!

(対潜攻撃が恐いので)駆逐艦を集中攻撃して駆逐艦6隻を沈め、戦艦アリゾナを中破に追い込みます。



大陸方面では満州からソ連を刺激しないぎりぎりまで兵力を引き抜いて逐次中国戦線に移動させます。



また、日本本土でもフィリピン攻略のため、3個師団の出撃準備に入ると共に、第二戦隊(戦艦伊勢、日向、扶桑、山城、第二七駆逐隊、寄せ集め駆逐隊)が出撃準備に入ります。





1941年12月11日(第4ターン)



第一航空艦隊は、追撃してきた太平洋艦隊を航空攻撃で迎撃。
戦艦アリゾナとカリフォルニア、軽巡3隻を撃沈し、他多数に損害を与えて追っ払います。

その後ハワイに引き返して来た巡洋艦5隻に、件の潜水艦隊が襲いかかり、殲滅します。



マレー方面では、イギリス東洋艦隊の残存艦隊(軽巡3、駆逐艦6)を96式中攻隊が雷撃を敢行して軽巡2、駆逐艦4を撃沈。
残りは上陸支援をしていた第二艦隊がトドメを刺します。(第1次シンガポール沖海戦)

が、そこに、ABDA(アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリア)連合艦隊(重巡2、軽巡6、駆逐艦20)が海戦を挑み、最初の艦隊決戦が起こります。(第1次クチン沖海戦)
第二艦隊の戦力は戦艦金剛、榛名、重巡高雄、愛宕、摩耶、駆逐艦8隻という陣容で、戦力的にはほぼ5分5分。
まずは金剛型戦艦2隻が36cm砲の砲門を開きますが、思いの外命中せず、軽巡1隻、駆逐艦3隻を沈めるにとどまります。(他に巡洋艦数隻が損傷)
続いて双方5隻の重巡が砲火を応酬。
敵軽巡や駆逐艦を仕留めていきますが、高雄と摩耶が被弾します。
その後金剛型2隻の副砲などで敵駆逐艦隊の損害を拡大させていきますが、雷撃を目論む双方の駆逐艦が砲撃を開始。
その砲撃戦で20隻いた敵駆逐艦中19隻を撃沈しますが、こちらも無傷では済まず、駆逐艦5隻が被弾、2隻が脱落します。
その砲撃戦をかいくぐった駆逐艦6隻と重巡が、必殺の61cm酸素魚雷(一部は普通の空気魚雷)を放ち、敵艦が相次いで被雷!
1隻の重巡を残し、全艦を撃沈しました。

その重巡も近くに潜んでいた潜水艦の雷撃で撃沈され、早くも蘭印(インドネシア)の守りの要が消えていったのです。


第二艦隊の損害は、駆逐艦雷、萩風が大破、響、嵐、舞風が中破、重巡高雄、摩耶が小破と、海戦の規模にしては少なく済み、損傷艦は日本本土(以降内地と書きます)へ修理のため回航されます。
損傷艦は修理ついでに対空兵装を増備する改装も行います。


ちなみに、あとから何故か駆逐艦3隻がのこのこ出てきましたので、1式陸攻が沈めました。



フィリピンでは引き続き飛行場に対する爆撃を続行。
また、香港のイギリス軍部隊に対する空爆も開始されました。





1941年12月14日(第5ターン)



呉を出撃した第二戦隊がフィリピン近海に到達。
第一小隊の伊勢と日向は上陸予定地点のアパリに、第二小隊の扶桑と山城は香港にそれぞれ艦砲射撃を開始。

フィリピンへの飛行場攻撃もこの頃になり、ようやく一段落しました。



マレー方面ではメルギーへの空爆を開始しますが、ビルマ方向よりタイの首都バンコクに向けて英爆撃機ブレニムが空襲にやってきます。
それに対してぎりぎり展開が間に合った陸軍戦闘機隊(97式戦主体、隼1型と鍾馗1型が若干)が迎撃にあたりますが、何しろ97式戦主体なので対空砲火を含めて7機撃墜にとどまります。(こちらの損害は6機)

損傷艦を回航した第二艦隊は、シンガポールまで接近して戦艦2隻が飛行場を砲撃。

コタバルには神州丸が97式中戦車30両と95式軽戦車10両を揚陸。



太平洋艦隊を壊滅に追い込んだ第一航空艦隊は、ウェーク島の上陸支援のため、全力を持って出撃して空爆し、すかさず第四艦隊(軽巡夕張、天龍、龍田、2個駆逐隊)が1個連隊を上陸させて占領。





1941年12月17日(第6ターン)



第一航空艦隊はクェゼリン環礁に投錨し、補給を受けると同時に、乗組員に上陸許可。わずかの間ではあっても休暇を与えることに。
また、そこで艦隊の編成替えを行うことに。
第三艦隊に配備されていた第二水雷戦隊(軽巡神通、第八駆逐隊、第一五駆逐隊、第一六駆逐隊)を第一航空艦隊へ、第一航空艦隊に配備されていた第一水雷戦隊(軽巡阿武隈、第一七駆逐隊)を第三艦隊へ編成替え。
第一航空艦隊の戦力が駆逐艦9隻から17隻に増強。
(後で燃料を喰うだけだと分かって微妙に後悔)



パラオ環礁に在泊中だった空母龍驤と護衛空母大鷹、重巡妙高、那智、羽黒は、護衛の駆逐艦の到着を待って第二航空艦隊を編成。旧式の96式艦戦と97式艦攻を下ろし、零戦18機と99式艦爆42機を搭載(ゲームだからこそ出来ることなのです)してグァム攻略を開始。主に空爆と重巡の艦砲射撃にて。
ナウル攻略のために出撃した第八艦隊(重巡青葉、衣笠、古鷹、加古、1個駆逐隊)の支援も受ける。
しかし、天候が優れず攻略が延び延びになることに………。



フィリピン方面では、上陸予定地点への爆撃を本格的に開始。
(香港への爆撃と第二戦隊の艦砲射撃も継続)



その時、コタバルに戦車を揚陸した神州丸を護衛する駆逐艦隊が、新しい戦車を搭載するため内地に移動中、いきなり潜水艦の待ち伏せに遭います!
しかし、駆逐艦隊の対潜攻撃が功を奏し、8隻中7隻を撃沈し、損害は無し。(リロード無しでこれは奇跡でしょう…)





1941年12月20日(第7ターン)



わずか5日ほどの休暇をもらい、補給を受けた第一航空艦隊がクェゼリン環礁を出港。
タラワとナウルと空爆。



グァム、メルギー、香港、アパリへの空爆も続行。





1941年12月23日(第8ターン)



第一航空艦隊が第四艦隊のタラワ攻略支援のため、タラワ沖に移動したところ、アメリカ巡洋艦隊(重巡4、軽巡3、駆逐艦8)が接近。

辛うじて退避して距離を取った後に航空攻撃を加え、重巡3、軽巡3、駆逐艦8隻を撃沈。
(残った重巡1隻はクェゼリンの97式大艇が雷撃で撃沈)



シンガポールの南に位置するリンガという場所(ABDA艦隊がいたところ)に潜水艦を張り付けていたところ、タンカー2隻が独航で出港してきたので、雷撃して撃沈。
飛んで火にいる夏の虫。

…いや、今は冬ですね。



フィリピン方面では戦艦長門、陸奥と駆逐艦5隻に護衛された上陸部隊が、ようやくアパリに到着して上陸。戦力差がありすぎるのでとっとと撤退されてしまったので無血占領。





1941年12月26日(第9ターン)



第四艦隊がタラワ上陸戦を敢行。
…でも、陸上部隊はすでに壊滅してますので無血占領。

第一航空艦隊は引き続きナウルを空爆。





1941年12月29日(第10ターン)



14回にもわたる空爆(実際には他にも小規模な爆撃があったので実際には20回近く)を重ねた末、ようやくメルギー攻略戦を開始。
兵力はコタバルに上陸した第25軍が全部隊を持って、霧が立ちこめる中進撃し、包囲殲滅の上、占領。

………でも、そうなるとコタバルが空になりますので、当然の事ながらイギリス軍約1個師団がコタバルに進軍してきて奪回されます。
分かった上でやっているので折り込み済みですが。

第25軍には、本来ビルマ攻略戦に投入される予定の97式中戦車60両と95式軽戦車60両を合流させて、兵力を増強させます。

また、メルギーの攻略を持って、バンコクに進出させていた99式襲撃機を中国の方へ移動。



ナウルも攻略を開始。上陸は第八艦隊が担当。
こちらも相当叩いていたので、ほとんど抵抗を受けずに占領。

一方の第一航空艦隊。
何を思ったのか、いきなりニューギニアの珊瑚海まで進出、ブナ、ラエ、マダン、ポートモレスビーを空襲。

これに何か戦略的意味があるのかというと…、



でっかいありません。



たまたま、想定していたニューカレドニアやソロモン諸島の天候が悪かったので、「どうせラバウルを攻略するんだし、いいや。」という感じで。

結果的には燃料の無駄遣いでした。


ちなみに、今までクェゼリンでずっとお休みしていた第三艦隊が、そのラバウル攻略のために第一航空艦隊の後を追う形でそろそろと出撃。





…という感じで年を越すことになるのです。





この後の戦略目標



フィリピン攻略のために、神州丸とあきつ丸を使って97式中戦車76両を輸送して、攻略部隊に合流させる予定。


香港もそろそろ攻略にかかります。


また、南遣艦隊より分派した第三水雷戦雷が内地まで戻り、1個師団を載せた輸送船団を護衛して南遣艦隊に合流、ブルネイとクチンを攻略予定。


メルギーの第25軍はコタバルを再占領してしばらく進撃停止。

その間に内地に残っていた最後の2個師団を高速輸送船団に載せて上陸部隊を編成。
第二艦隊に合流させる予定ですが、クチン沖海戦で戦力を減らしているため、唯一呉に留守番していた第九戦隊(軽巡大井、北上の重雷装艦)と、五十鈴、由良の軽巡4隻に、改装が終わった空母鳳翔と第二九駆逐隊をつけて戦力の増強を図り、シンガポールを強襲します。


第一航空艦隊と第三艦隊はラバウルを攻略後、いよいよニューカレドニアに攻め込みます。





拙い文章にて失礼しました。
同じ太平洋戦記2をプレイされている方で、分かりにくいという方は、この下のリンクから41年12月の戦闘履歴を見ることが出来ます。




...read more

2006-03-13(Mon) 23:59| 太平洋戦記2| トラックバック 0| コメント 0

いしかわにゅーす005




……………えっと、










金沢市役所についてなんですが………















でっかいやばいらしいです















詳しくは聞いてなかったんですが、市役所の耐震性を調べたところ、










震度5クラスの地震で倒壊の危険性があるそうです。










いくら日本で一番地震が少ない自治体「石川県」とはいえ、直下型の大地震が起こる可能性があるわけなので、耐震性に問題があると危険なわけです。



とりあえず、万が一の時には防災センターというのがあるので、そこで対策を講じるとのことですが、耐震性に問題があるなら早いところ補強工事した方がいいですよ?










やばいといえば、旧石川県庁もやっぱりやばいわけです。
今は金沢中心部から海の方の郊外にある鞍月という辺りにでっかいビルを建てて、そこに移転した訳なんですが、その旧石川県庁舎もやばいわけですよ。



とりあえず、その旧石川県庁舎は、全国に先駆けて大正13年に建った鉄筋コンクリート構造の庁舎で、現存する鉄筋コンクリート構造の県庁舎としてはもっとも古い建物なのです。
でもって、何となく国会議事堂に似てます。
なんか国会の構成を踏襲したらしいです。

とまあ、貴重な建造物ではあるわけです。





でも確かその後に、その庁舎の上に増築をしちゃったらしく、耐震性がでっかいやばいらしいんですよ。





一応貴重な建造物ということもありますので、何らかの対策が為されているとは思うんですが、無茶な増築はやめましょうね♪





2006-03-12(Sun) 23:32| 石川県| トラックバック 0| コメント 0

たいへいようせんき2

前回の記事に書きましたが、2年程前に買った戦略SLG「太平洋戦記2」というゲームを始めました。



まず初めに、このゲームは素人の方にはでっかいお勧めできません
戦略SLGならやったことがあるよ、という程度では話にならないくらい繁雑でむずいゲームです。
そういう私もできるのか分かりません。


買ったときにやった時は1942年1月くらいで挫折しました。orz
その時は仕事が特に忙しくてそんな繁雑なゲームをやるほどの時間がなかったのです。


ですが、今回はそれなりにやりますよ~!
時間は相変わらず無いですが。(汗)





簡単に説明しますと、プレイヤーは日本の軍事全般と外交などを担当して、アメリカと講和することが目的です。

日本が太平洋戦争で勝つということはぶっちゃけ無理ですので、出来るだけ日本にいい条件で戦争を終わらせるということになります。



ちなみに難しいというのは、やることが多すぎるのですよ。

艦隊や航空隊、陸軍部隊に指示を出して敵を攻撃するのはもちろんのこと、その兵力を動かす燃料や弾薬、そして兵力を増やすための資材が必要なわけです。
その為に原油や鉄鋼石等の資源を工場まで輸送船や陸路を使って運んで加工しなければなりません。

この物資のやりくりをしないといけないという時点で引く人がかなりいるかと思いますが、さらに、その物資を運ぶ輸送船団を潜水艦が付け狙います!


その為に、駆逐艦や海防艦、護衛空母を付けて護衛しつつ運ぶ必要があります。


他には占領した場所には、ある程度の陸上部隊を駐屯させて治安維持を行わないと、住民や不穏分子が蜂起を起こしたり、艦船や航空機、戦車もきちんと開発したり等々、やることが多岐に渡ります。





こういうゲームですが、従来の戦略SLGが生ぬるいと感じる人ならばやりがいがあるかと思います。
戦艦大和が1年も経たずに何隻も建造できてしまうようなゲームがありますので…。

この太平洋戦記2で大和級戦艦を作ると、普通に5年以上かかります。
緊急工事という感じで、突貫工事を行ってようやく2年半ちょっとで済むという感じです。



しかし、こういう時間がかかる戦艦建造も、アメリカの場合は半端じゃなく早いです。

仮にアメリカで大和級と同じ規模の戦艦を作るとしたら、10ヶ月半で出来るというとんでもない工業力を誇ります。

アメリカの建艦能力は、日本に比べると大型艦の場合は6倍、小型艦の場合は2倍もありますので、こういったところでも国力の差が見て取れます。



と、そういう難しいゲームをやっているわけです。










では、今回やっているシナリオの方針を書きたいと思います。


まず、シナリオはまだクリアしていませんので「大東亜戦争(入門編)」を選択。

ルール設定では対艦水平爆撃が脅威ですので、命中率を0.6倍に設定するほか、難易度設定も初心者ということで、なまぬるぬるという感じです。
(日本軍有利、連合軍不利に設定)



続いて初期配置されている艦隊の処遇。

第1艦隊改め「第一航空艦隊」は初期配置のままハワイ沖に。
史実通り真珠湾を襲います。

第2艦隊改め「第二艦隊」も初期配置のままコタバル(マレー半島)沖に。
こちらはコタバル上陸支援と、イギリス東洋艦隊、ABDA連合艦隊に対する抑えとします。

第3艦隊改め「第三艦隊」は、史実ならばフィリピン攻略の任務にあたるのですが、今回はクェゼリン環礁に配置。
こちらの艦隊はしばらく動かさず、第一航空艦隊が到着次第、一気にニューカレドニア(一般的に天国に近い島と言われている島です)制圧に使う予定。

第4艦隊改め「南遣艦隊」は、初期配置のままコタバル沖に遊弋させて、コタバルに第25軍(2個師団)の上陸作戦にあたります。

第5艦隊改め「第七駆逐隊」は、特に置いておいても仕方がないので第三艦隊と一緒にクェゼリンに配置します。
給油艦を従えていますので、第一航空艦隊への補給に使います。


肝心のフィリピン攻略戦には、日本に配備されている3個師団を上陸作戦に投入します。
それに先駆けて、史実では柱島泊地(広島県、瀬戸内海)に温存されていて、真珠湾攻撃を成功させた第一航空艦隊をお出迎えするためだけに出撃した第一艦隊所属の第二戦隊(戦艦伊勢、日向、扶桑、山城)を二分してそれぞれに1個駆逐隊(駆逐艦4隻)をつけて、フィリピン各地+香港に対してでっかい艦砲射撃を行います。
弾薬消費などお構いなしです。

その間に上陸部隊を編成して、連合艦隊旗艦戦艦長門と陸奥を擁する第一戦隊と駆逐艦隊が護衛してフィリピン攻略に向かいます。





でっかい贅沢な作戦です。





一方艦艇の整備については、建造中の大和級3番艦と4番艦は建造を続行、空母大鳳と、飛鷹級2隻(対空火力増備型にて建造)も同じく。
その代わり、一緒に建造中(正確には改装中)の護衛空母4隻は問答無用で解体。
その空きドックで第三航空戦隊の空母鳳翔と瑞鳳を対空型に改装の上、工作艦と防空巡洋艦を1隻ずつ新造。
その鳳翔は、その後すぐにドックから出して、工作艦明石が建造を続行。
その空いたスペースで龍驤(対空)型2番艦を建造。

史実では1万tクラスの船体に40機もの艦載機を搭載できた空母ですが、艦載機の積みすぎで重心が高いトップヘビーの状態になり、不安定な空母でしたが、ゲームではカタログスペックだけが数値化されますので関係無しです。

艦名は解体したばかりの護衛空母から取って「雲鷹」とします。

他の建造中の艦艇では、完成間近の戦艦大和は、完成間近にも関わらず対空増備型に改装して、竣工時期が武蔵と同じ1942年4月頃の予定。(緊急工事を行って工期を短縮します。)
瑞鳳の同型艦、祥鳳、龍鳳も対空増備型に改装。
戦車を海上輸送できる航空輸送艦「あきつ丸」は完成していませんが、運用に支障がないレベルまで完成していますので、そのまま出渠。
戦車輸送に勤しんでもらう合間を縫って、工作艦で完成を目指します。


その後の艦艇建造計画は、空母が翔鶴型大型空母2隻、蒼龍型中型空母2隻、龍驤型軽空母を建造。
巡洋艦は防空巡洋艦を揃えていきます。
駆逐艦は秋月型防空駆逐艦の設計完了を待って量産に入ります。
夕雲型は基本的に要らないのですが、趣味でちまちま造っていきます。
あとは船団護衛用に占守型海防艦を量産します。
潜水艦はドイツ派遣用の潜水艦を整備。


以下、個人的趣味&構想



出来れば超大和型を2隻ほど…。

大鳳型装甲空母をもう1隻。

利根型重巡洋艦2隻も作りたいです。





航空機に関しては、戦闘機が当分零戦21型と鍾馗1型の2機種、攻撃機が99式艦爆11型、1式陸攻11型、99式襲撃機、99式双軽1型の4機種、あとは零式水偵と百式輸送機の2機種の全8機種に絞って生産。
開発に関しては艦上戦闘機は零戦52型、局地戦闘機は紫電改、艦上攻撃機と艦上爆撃機は、彗星11型、天山、彗星33型、流星の巡で、重爆撃機は銀河と飛龍を目標に絞って開発します。





………ゲーム知らない人はとことん面白くない記事ですね。(汗)



とりあえず、今後は戦況を時々報告していきます。





最後に、こういうゲームをやっている人間は戦争を肯定していると考える方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

こういった戦争の事を知っているということは、実際に戦争を体験された方程ではありませんが、悲惨さ、凄惨さを他の普通の人より知っているということです。

原爆やB-29による無差別爆撃、戦争末期の特攻などは大抵の人が御存知でしょうが、その他にも惨いことが起こったことを知っているのです。

私はそういった戦争(世界各地に起きる紛争やテロなども同様)が二度と起こることのない様に願っています。

そのことを理解した上でこういったゲームを遊んでいるのです。


「戦争の悲惨さを知っているのならこういったゲームは出来ないのではないか?」
という方もいらっしゃるかもしれませんが、「ゲームという形で、昔に悲惨な戦争があったことを世の中に知らしめ続けて、この戦争を忘れないようにさせている」という役割も、これらのゲームにはあると思っています。

ゲームでどれだけ戦争の悲惨さを理解できるかは疑問点がありますが、戦争の存在を忘れることはないのではないでしょうか。





太平洋戦争を含めた戦争や紛争、テロなどで非常に多くの人達が、軍人、民間人を問わずに命を落としました。
特に何の罪もない民間人が巻き込まれた、また巻き込まれていることに心を痛めています。
戦没者の方々のご冥福を祈ると共に、これ以上の犠牲者が増えることがないように願います。





2006-03-11(Sat) 23:45| 太平洋戦記2| トラックバック 0| コメント 2

はかない

つまらんことですが、「儚」という文字は、「人の夢」と書いて「はかない」と読むんですよね。

人の夢は無数にあってもそれらのうち、どれだけのものが形になっていくんでしょうか。

形にならない夢は儚く消えていくのでしょうか。

でもま、夢は夢だからこそ儚く散らすのではなく、追い求めていくものなんでしょうね。

夢を持ち、追い続けるということは立派なことだと思います。

とまあ、メモオフ2からちょいとネタを拝借。
あのゲームは未だにほたるエンドだけ見て他は放置状態です。
最近はやってみてもいいかなと思い始めてはいますが。

水樹奈々さんのファンになったのもこれがきっかけでした。

苦い思い出もあるゲームですが、いい作品であることは続編が作られ続けていることが証明してますね。

しかし、夢ですか。

む~~~・・・

それにしても、後々レポを書く予定のゲーム「太平洋戦記2」のBGMを日本ブレイク工業社歌にした方が燃えるというのはどうかと。

実際やってみても全然合いませんでしたよ。




2006-03-11(Sat) 00:15| 携帯| トラックバック 0| コメント 0

すぱむめーる

なんだかとってもダウナー状態になりつつあるので落ちる前にブログを…。



私が公開用アドレスとして使っているメールアドレスがあるのですが、スパム対策が疎かになってしまい、今ではお陰様で1日40~60通くらいのスパムメールが届くようになりました。



でも、このアドレスは色んなところに使っているので潰してしまうのももったいないと考えてしまい、とりあえずスパムメール選り分けフリーソフトというものを導入しています。


このソフトを通して、「これはスパムメール。」、「これは大事なメール。」、「これはよく分かんないけどスパムじゃないメール。」などと指定していって学習させることにより、スパムメールを選り分けることができるという割と便利なソフトです。



ただ、あくまで学習させて選り分けるので、誤って必要なメールをスパムと判断したり、スパムメールを必要なメール、もしくは判断できないメールとしてしまうことがあるので、結局全部のメールをチェックしなければならないのです。



ですが、基本的に発送元と、件名を見れば怪しいメールはすぐに判別できますので、以前と比べれば格段に楽になりました。
なにしろスパムと判断されたメールは最初からごみ箱に入っていますので、さっと確認して全部スパムだったら何も考えずに抹殺してしまえばいいだけなのですから。





そこで、今回は今日届いたスパムメールに軽く突っ込んでいきたいと思います。
あ、一応こういうメールは開かずに捨てるのが原則なので、大抵は件名だけで判断しています。



では…









いつがいいですか?



何がいつなんですか?







入金お断りしますか?



でっかいお断りです。








突然申し訳ありません。



申し訳ないと思うなら最初から送ってくるな!
(マナーとしては本文の冒頭に「突然のメールにて失礼します。」というところですね)








高額をお約束致します。



古今東西うまい話ほど信用できませんからね。








おめでとう(~o~)



ありがとう(*⌒o⌒*)








本日ではお時間いただけないでしょうか。ちょうど



ごめんなさい、まもなく「本日」が終わっちゃうんです♪








Hey bro. you really should check this out



ハハハ!ワタシニホンゴワカリマセ~ン!








お疲れではないですか?



言われるまでもなくお疲れですが、それがどうかいたしましたか?








選ばれた方のみに配信しています。・



残念ながら私は選ばれた記憶が御座いませんので、そういったことは選ばれた方におっしゃって下さい。








どうもー



NHKのマスコットキャラクターですか?








柏木茜です。



「かしわぎぃーー!」
(某セガサターンの3Dシューティングゲームのネタです)














………割と面白いですね、こうやって突っ込むのって。









でっかいセンスがありませんけど。





第2弾乞うご期待??





2006-03-09(Thu) 23:59| 駄文| トラックバック 0| コメント 2

けちんぼ




お兄ちゃんのケチンボ!
by 鳳仙エリス(Canvas2)




















出だしがこれですけど、Canvas2の記事ではありません。



久しぶりのバイオハザード4ネタです。





要するに私のプレイスタイルがケチンボ!なのです。





最近になってNORMALで挑戦しているんですが、EASYに比べると敵の耐久度が高くてちょっとやそっとじゃ逝ってくれないんですよ。



当然弾薬の消耗し具合もそれに比例していくので、弾切れになりやすいのです。





そこで私が多用するようになったのが、





3連コンボ






です。










1:脳天に鉛玉をぶち込んでひるませる。


2:その間に間合いを詰めて蹴り飛ばす。


3:倒れたところをナイフで切り裂いてト・ド・メ♪





以上、3連コンボです。



正確には3番目のナイフでは何度か斬りつけないといけないので厳密に言うと3連ではないのですが、便宜上そういう名前で。





これを多用すれば、理論上敵1体に対して弾1発で済むので弾薬の節約になるのです。





しかし、調子に乗って続けると別の問題が浮上してきます。










弾薬が余ります。










でっかい本末転倒です。















あとね、Chapter2に入ると、ゲームをやっている人なら御存知だと思うんですけど、グロいのが出てくるようになるじゃないですか。
あれに3連コンボを炸裂させると、3番目で





ブシャアァッッッッッ!!!





…ってなるんですよ。










間違いなく焦ります。










つか、全力で逃げるね。















でっかい心臓に悪いです。










しかも、もしその時にアシュリーがそばにいたとしたら絶対に

パニクります。










なんで「待て!」と「ついてこい!」というコマンドがあるのに、「逃げろ!」というコマンドがないんですか!?





2006-03-08(Wed) 00:56| バイオハザード4| トラックバック 0| コメント 0

いしかわにゅーす004

ニュースいしかわ610来たーーーーーー!!










…出だしがいきなり意味不明ですみません。





えっと、NHK金沢では18時10分からの「ニュースいしかわ610」という地域のニュースを扱う番組と、20時45分からの「ニュースいしかわ845」という地域のニュース短縮版みたいな番組があるのですが、前に一度、「ニュースいしかわ845」の出だしで…、















「ニュースいしかわ610です。」















ってすらりと喋ったアナウンサーさんがいたんですよ。





それ以来、微妙にそれの再現を期待していたんですが、遂に今日、その日が訪れました。















「続いて、ニューシュ…、ニュースいしかわろくい………、845です。」















わーひ、かみかみちゅういほうばんざ~い♪





なんだか人のミスを見て喜ぶなんて嫌な子ですね、私。(苦笑)










それはともかく(今まで前置き!?)、今盛んにやっている石川県知事選についてなんですが、立候補している現職の方についてちょこっと。

実績はありますし、大体の公約とかは理解できるんですけど、2点だけ反対なんですよ。

「のと鉄道能登線の廃止を推進したこと」

「北陸新幹線早期着工推進」

前者は既に廃止されてしまったことなんですが、路線バスに切り替わってからは、利便性が上がったという声が一部ではあるみたいなんですが、やはり不評の声が多いみたいです。
バスだと揺れがひどかったり、加速や制動の震動が身体によく来るので、列車に比べると同じ時間乗っていても疲労度が大きいのが難点で、お年寄りにはとくに切実な問題みたいです。

ただ、仮に復活させても、赤字路線をどう立て直すのか、というのが大きな問題ですよね。

なにしろ、100円稼ぐために200円使わないと駄目、という状態ではちょっと無理ですよね。


後者は個人的に新幹線要らない派なのです。
新幹線が来ると、在来線が第3セクターに移行されてJR所管ではなくなるので青春18きっぷが使えなくなるのがすごく嫌。

今のはくたか+上越新幹線で十分だと思うんですよ。

次は、新幹線誘致で石川県を活性化しよう!という思惑とは別に、逆に首都圏に人口を吸収される「吸い上げ現象」が起こりかねないこと。
これは他に新幹線が出来たところで実際にある話だそうです。

最後に小松空港が廃れるだろうということ。
これも東北新幹線が出来た仙台であったことらしいのですが、新幹線の方が利便性が高いから航空路線の利用客が減少して羽田便が廃止になったという話を聞いたことがあります。
今でも「小松-羽田便」VS「はくたか+上越新幹線」で利用客が分かれる状況だと思うんですが、そこに新幹線が来たら「小松-羽田便」は多分負けますよ。

まあ、小松空港に関しては他にも路線がありますし、航空自衛隊の基地でもありますので問題にはならないかもしれませんが。

あ、あと1つあった。
新幹線が出来ると今のはくたかも多分廃止になると思うんですが、そうなると、「北越急行681系」の車輌の行き場所が

でっかい心配です。





あ、別に現職の知事さんを批判している訳じゃありませんからね?





2006-03-07(Tue) 23:59| 石川県| トラックバック 0| コメント 0

いしかわにゅーす003

松井選手が石川県の旧根上町出身ということでこのカテゴリ。



個人的には、松井選手にもWBCの日本代表として4番に立って欲しかったというのが本音です。



一石川県人としてはそちらの方がいいかな、と思っています。





ただ、これは本人が自分の判断で決めることですので、外野がとやかくいうことではありませんので、ヤンキースの優勝に貢献したいという意志を私としても大事にして欲しいですし、実現させて欲しいと思います。





さて、その松井選手。
今日は3打数3安打と大活躍だったそうですが、左膝の調子は大丈夫なんですかね?



でも、テレビを見ていると、花粉の方にお困りのご様子で…。





花粉か………。





私は今のところ花粉症ではないのでその辛さはあまり分からないのですが、ハウスダストアレルギーはあるので、掃除をするときとかに似た症状が出るので、分からなくもないです。





あと、スギ花粉に対してもアレルギーがあるそうなので、私が花粉症’Sの仲間入りをするのは…、















でっかい時間の問題です。










毎年症状が出なかったことを感謝しつつ過ごしてきました。
今年も感謝させて下さいね~。










…石川あんま関係ないやん。





2006-03-06(Mon) 23:59| 石川県| トラックバック 0| コメント 0

ゆりし~=このみ

最近ネットラジオの「Radio To Heart2」とか「ARIA The STATION NEO-VENEZIA INFORMALE」などをよく聞きながらブログを書いていたりします。



「ARIA」に関してはまた記事にすることもあるでしょうが、とりあえずは「ToHeart2」の方について。





柚原このみ役の落合祐里香さんと、向坂環役の伊藤静さんがパーソナリティーをつとめて、時々他のToHeart2に出演されている声優さんがゲストにやってくるというものなんですが、毎回聞きながら笑わせていただいてます。



おかげでブログの書き込み速度が落ちまくりです。





まあ、単に凝り性という所も否めないんですが…。





ところで、落合祐里香さん、愛称ゆりし~についてなんですが…、




















ほとんどこのみの会話にしか聞こえません。















静さんは「タマ姉」に聞こえないんですが、ゆりし~の会話がこのみとダブってダブって仕方ありません。



多分このみの口調が気に入って使われているのもあるんだと思うんですが、他の声優さんは少なからず違うのに、ゆりし~だけはダブって聞こえてしまいます。





ボケっぷりもノリも味覚具合も何もかもそっくりです。



あ、一応書いておきますけど、
褒めているんですからね?





というか、こういう声優さんは初めてで、かなり好感度が高いです。



………水樹奈々さんを超えたかも…。





これからも素のゆりし~をでっかい応援します。





2006-03-05(Sun) 23:59| ToHeart2| トラックバック 0| コメント 0

わーぷ

う~、なんだか変なめまいがします~。
横になってテレビを見ると表示される文字がぶれまくって判別できません…。
なんなんだろう…。





さて、宇宙戦艦ヤマトの世界を成り立たせるためにとりあえず大事なのはワープですね。

それがないとイスカンダルに行けないわけですから。





さて、ワープ(マクロスとかではフォールドという名前を使っていますね。)の原理は、ある2つの離れた場所を、空間をねじ曲げて飛び越えてしまうという感じでしょうか。

時間の波というものがあるのでしたらその波の頂点から頂点へ飛んでいけばその時間の分だけ節約できるという理論だったような気もしますが…。
(あとは、時間を円に例えて、普段はその円の上を進むだけの所を、円をショートカットして時間を節約というのもありましたね)



現実にそういった事が可能なのでしょうか?





結論から言いますと…、




















無理です。




















ちょっと前の某トリビアでやってました。


原理的には可能らしいんですが、そのワープに必要なエネルギーが、















この宇宙にある全てのエネルギーの約10倍















という途方もないエネルギーが必要なんだそうです。





そう言われちゃ無理なんだな~…、と思うしかないじゃないですか。

なにしろ波動エンジンといえども、しょせんは小宇宙に匹敵するエネルギーしか持ち合わせていないのですから。

ですから、現時点ではそういうワープを扱うSF作品はほとんど現実味がないわけです。



ですが、あくまで現段階での話ですので、将来新しい理論が出てくれば可能になるかもしれません。



全世界の夢を潰さないように学者さん達は研究をどんどん進めて下さい。










ちなみに、PS2版ゲームに「地球防衛軍2」というゲームがあるのですが、そこで侵略してくるエイリアンの母船がワープしてきます。

そのワープアウト前に、地球防衛軍のオペレーターが高エネルギー反応を感知します。
その報告を受けた女性隊長(?)が、そのエネルギー反応に関して

「宇宙すら吹き飛ぶ」

というコメントを出されておりますので、これに関しては前述の理論に一応そっている訳なんですよね。
可能かどうかはともかく。










しかし、自分で書いていてなんなんですが、



夢が無いなあ…。





2006-03-04(Sat) 21:26| 宇宙戦艦ヤマト| トラックバック 0| コメント 0

こうとうむけい

約60年前に凄惨な戦争があったことを知らないなんて人はいないと思います。

第2次世界大戦、日本に限れば太平洋戦争と呼ばれます。

この戦争で日本は負け、荒廃したこの国が驚異ともいえる早さで復興して今の日本があるわけなのですが、もしあの戦争でああだったならばという「たられば」を取り扱う「仮想戦記」というジャンルの小説があります。

戦後になれば、ここをこうすれば勝っていた、というのはいくらでも考えられるわけです。

しかし、中には荒唐無稽な作品もあって、日本がアメリカを負かせてしまうというものです。

でっかいありえません。

普通に考えれば日本とアメリカとの圧倒的な国力差を見れば明らかです。

なのに、マリアナ沖海戦で勝つのはいいとしても、その勢いでハワイを占領しちゃうなんてありえませんから。
そういうのができるのはゲームの世界だけです。

大体は善戦して講和に持ち込むというのがセオリーで、負け戦というのもありかと。

仮想戦記小説については笑えそうなネタがありますので、機会があればご紹介します。

私はこういうのを読んで、偏った軍事知識を溜め込んでるのです。


2006-03-03(Fri) 23:06| 携帯| トラックバック 0| コメント 0

いしかわにゅーす002

今日石川県知事選が告示され、現職と新人の2人による選挙戦に入ります。



前回の知事選の投票率が低かったためか、投票日の3月19日にかけて、





「みんないく」





という合い言葉で投票を呼びかけています。











でっかい必死ですね。










ところで、石川県在住の方は多分ほとんど私と同じ考えだと思います。





選挙するまでもなく当選確実決まってますよ?





誰が当確だ、と書くのは公職選挙法辺りに引っ掛かりそうなので書きませんが、そのまま無投票で終わらせれば税金を使わずにすむものを…。



前回の投票率が約43%と振るわなかったんですが、今回の選挙ではさらに下がる可能性も考えられます。





でも、ものは考えようです。
立候補するときには供託金というお金を事前に納めなくてはなりません。
供託金というのは、当選を目的としない面白半分の立候補を防ぐために作られた制度で、当選、落選に関わらず有効投票総数の1/10の得票を獲得すれば、返金されますが、獲得できなければその供託金は没収されてしまいます。


知事選の場合は300万円がいるそうなので、是非とも得票数が1/10以下になるように、皆さん投票に行きましょう!!(笑)





(一応気をつけたつもりですが、もし公選法に抵触しそうな記述を見つけた場合は教えていただけますとありがたく思います)





2006-03-02(Thu) 18:36| 石川県| トラックバック 0| コメント 0

admin
やわらか同盟(仮称)

LINKS

このブログをリンクに追加する

USER TAG

やわらか戦車 七尾奈留 プラグイン 宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 あいすとちょこ 児玉樹 コミケ 転売 モラル ビッグサイト 猫屋敷 郵便局 お気楽極楽 マナー タクシー りんかい線 満員電車 白いお花 新快速 交直セクション 新疋田 まんだらけ とらのあな 同人誌 みつみ美里 徹夜 コミックマーケット 今庄そば ルール サルベージ 脱原発 ガンダム 改大和型 超大和型 信濃 こげこげHOUSE ATM Lite Indico Canvas2 C5001T 武蔵 大和 センチメンタルプレリュード センプレ 海上ホテル 潮岬 沈没 なないろあいす 水樹奈々 タイ クーデター 天気予報 ニュース スカンジナビア 

ALL ARTICLE

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。